グーネウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グーネウス古希: Γουνεύς, Gūneus)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してグネウスとも表記される。主に、

  • ラーオノメーの父
  • オーキュトスの子

の2名が知られている。以下に説明する。

ラーオノメーの父[編集]

このグーネウスは、アルカディアのペネオスの人で、ラーオノメーの父。一説にラーオノメーはペルセウスの子のアルカイオスの妻で、アムピトリュオーン、アナクソーの母であるという[1][2]

オーキュトスの子[編集]

このグーネウスは、オーキュトスの子である[3]。キュポスの王で、トロイア戦争のときギリシア軍の武将としてドードーナ近くのアイニアーニアー人、ペライボイ人の軍勢22隻を率いて参加した[4]。グーネウスの軍勢は21隻とも[5]、12隻ともいわれる[6]。戦後、グーネウスは帰国のときにナウプリオスの松明にだまされ、カペーレウス沖で難破してリビアに漂着し[7]、キーニュプス河畔に移住した[8]。しかしグーネウスは戦死したともいわれる[9]

脚注[編集]

  1. ^ パウサニアス、8巻14・2。
  2. ^ アポロドーロス、2巻4・5。
  3. ^ アポロドーロス、摘要(E)3・14。
  4. ^ 『イーリアス』2巻748行-755行。
  5. ^ プリュギアのダーレス、14。
  6. ^ エウリーピデースアウリスのイーピゲネイア』。
  7. ^ アポロドーロス「サバス本」、摘要(E)6・15。
  8. ^ ツェツェース『リュコプローン注解』902。
  9. ^ クレータのディクテュス、3巻14。

参考文献[編集]