ヒュペレーノール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ヒュペレーノール古希: Ὺπερήνωρ, Hyperēnōr)は、ギリシア神話の人物。長母音を省略してヒュペレノルとも表記される。


ヒュペレーノールῪπερήνωρ, Hyperēnōr)は、ギリシア神話の人物である。トローイアの老臣パントオスとプロンティスの子で[6]プーリュダマース[7]エウポルボスと兄弟[8]トロイア戦争で戦った。

トローイア軍がギリシア軍の防壁を攻撃したとき、ヘーラーアプロディーテーから帯を借り受け、ヒュプノスと共謀してゼウスを眠りに誘い、その隙にポセイドーンがギリシア軍を奮起させ、戦の流れを変えた[9]。このためトローイア軍は多くの将を失い、ヒュペレーノールもメネラーオスに脇腹をで刺されて死んだ[10]。その後パトロクロスが戦死した際、遺体を守って戦うメネラーオスに対して、兄弟のエウポルボスがヒュペレーノールの仇を討とうと挑んだが、逆に返り討ちにあった[11]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻6・4。
  2. ^ パウサニアス、9巻5・3。
  3. ^ ヒュギーヌス、178話。
  4. ^ アポロドーロス、3巻10・1。
  5. ^ 中務哲郎訳注、p.340。
  6. ^ 『イーリアス』17巻33行-42行。
  7. ^ 『イーリアス』15巻522行。
  8. ^ 『イーリアス』17巻9行。
  9. ^ 『イーリアス』14巻153行-387行。
  10. ^ 『イーリアス』14巻516行。
  11. ^ 『イーリアス』17巻1行-60行。

参考文献[編集]