レオンテウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

レオンテウス古希: Λεοντεύς, Leonteus)は、ギリシア神話の人物の人物である。ラピテース族コローノスの子で、カイネウスの孫[1]ヘレネーの求婚者の1人で[2][3]トロイア戦争ではポリュポイテースとともにギュルトーン勢40隻を率いて参加した[1][4][5]。あるいはシキュオーンの軍勢19隻を率いたともいわれる[6]

イーリアス』3日目、レオンテウスはポリュポイテースとともにギリシア軍の防壁の城門の前に立ちはだかり、トロイア軍の武将アシオスの軍勢を防ぎ、ヒッポマコス、アンティパテース、メノーン、イアメノス、オレステースらを殺した[7]パトロクロスの葬礼競技では砲丸投げに参加し、ポリュポイテース、大アイアースエペイオスと競った[8]。また木馬作戦にも参加し[9][10]、戦後はアムピロコスカルカースポダレイリオス、ポリュポイテースとともにコロポーンに赴いた[11]

一説にレオンテウスはヘクトールに討たれた[12]

その他のレオンテウス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『イーリアス』2巻738行-747行。
  2. ^ アポロドーロス、3巻10・8。
  3. ^ ヒュギーヌス、81話。
  4. ^ クレータのディクテュス、1巻17。
  5. ^ プリュギアのダーレス、14。
  6. ^ ヒュギーヌス、97話。
  7. ^ 『イーリアス』12巻108行-172行。
  8. ^ 『イーリアス』23巻826行-849行。
  9. ^ クイントゥス、12巻。
  10. ^ トリピオドーロス
  11. ^ アポロドーロス、摘要(E)6・2。
  12. ^ プリュギアのダーレス、24。
  13. ^ ヒュギーヌス、62話。

参考文献[編集]