ヘレノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘレノス古希: Ἕλενος, Helenos, ラテン語: Helenus)は、ギリシア神話の人物で、トロイア予言者である。

トロイア王プリアモスヘカベーの子で、ヘクトールパリスデーイポボス、パムモーン、アンティポス、ヒッポノオス、ポリュドーロストローイロスクレウーサラーオディケーポリュクセネーカッサンドラーと兄弟[1]。後にアンドロマケーを妻とし、ケストリーノスをもうけた。

ヘレノスは一説にカッサンドラーと双子の兄弟で、ともにアポローンによって予言の術を授けられたという。トロイア戦争では主に武将として戦ったが、ときには神の会話を聞くなどによって予言し、トロイア軍を助けた。戦後については諸説がある。

神話[編集]

トロイア戦争[編集]

トロイア戦争において、ヘレノスはディオメーデースの活躍によって苦戦するトロイア軍を救うため、イーリオス城に戻ってアテーナーの神殿に祈りを捧げることをヘクトールに助言した。またヘクトールにギリシア軍の武将に決闘を申し込むことを助言した。トロイア軍がギリシア軍の防壁を攻撃したさいにはデーイポボスアシオスとともに第3部隊を指揮し、デーイピュロスを討ったが、メネラーオスの槍に手を貫かれて後退し、アゲーノールに手当てをしてもらった[2]

デーイポボスとの対立[編集]

パリスの死後、ヘレノスはヘレネーをめぐってデーイポボスと争ったが、プリアモスはデーイポボスをヘレネーの夫に選んだ。このためヘレノスは怒ってイーデー山に去ったが、ヘレノスはトロイアの攻略法を知っていたのでオデュッセウスに捕らえられてしぶしぶ、もしくは激しいうらみから[3]、攻略する術をギリシア軍に話した。それはペロプスの骨をトロイアに持ってくること、アキレウスの子ネオプトレモスを参戦させること、トロイアからパラディオンを盗み出すことであった[4]

戦後[編集]

戦後、ヘレノスは予言の功績によって許され、母ヘカベーとともにケルソネーソスに渡り、牝犬となったヘカベーをキュノスセーマ(「犬の墓」の意)に葬った[5]。あるいはネオプトレモスとともにテネドスに渡ったのち、モロシアーに向かい、ネオプトレモスの母デーイダメイアを妻として与えられた[6]

あるいはネオプトレモスがヘルミオネーに求婚したさい、アンドロマケーを妻として与えられ、さらにネオプトレモスがオレステースに殺されたときエーペイロスの一部を支配し、その地を兄弟のカーオーンにちなんでカオニアと名づけた。後にアイネイアースがカオニアにやってきたときにアンドロマケーとともに再会を果たし、アイネイアースの旅について予言した[7]

さらに別の話ではネオプトレモスの死後にアンドロマケーを妻とし、ケストリーノスをもうけた。その後ヘレノスはエーペイロスを支配し、ネオプトレモスとアンドロマケーの子モロッソスを後継者とした。ケストリーノスはコルキュラの対岸部に移住したという[8]

系図[編集]

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アトラース
 
プレーイオネー
 
 
スカマンドロス
 
イーダイアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゼウス
 
エーレクトラー
 
 
 
テウクロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアシオーン
 
デーメーテール
 
ダルダノス
 
バテイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモエイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プルートゥス
 
 
 
イーロス
 
エリクトニオス
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
 
 
 
 
カリロエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
 
 
 
 
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒエロムネーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリュベー
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストリューモー
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブーコリオーン
 
 
 
 
 
ヒケターオーン
 
ラムポス
 
クリュティオス
 
ヘーシオネー
 
アステュオケー
 
 
 
 
 
 
 
アンキーセース
 
アフロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アセイポス
 
ペーダソス
 
 
 
メラニッポス
 
ドロプス
 
カレートール
 
テウクロス
 
エウリュピュロス
 
ティートーノス
 
エーオース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスベー
 
 
プリアモス
 
 
ヘカベー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メムノーン
 
エーマティオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイサコス
 
ヘクトール
 
 
ポリュドーロス
 
ヘレノス
 
 
 
 
パリス
 
カッサンドラー
 
ポリュクセネー
 
クレウーサ
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アステュアナクス
 
 
アンドロマケー
 
 
 
デーイポボス
 
ヘレネー
 
メネラーオス
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  2. ^ 『イーリアス』6巻、7巻、12巻、13巻。
  3. ^ クイントゥス、10巻。トリピオドーロス
  4. ^ アポロドーロス、摘要(E)5・9~5・10。
  5. ^ アポロドーロス、摘要(E)5・23。
  6. ^ アポロドーロス、摘要(E)6・12~6・13。
  7. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』3巻295以下。
  8. ^ パウサニアス、1巻11・1、2巻23・6。

参考文献[編集]