トラシュメーデース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

トラシュメーデース古希: Θρασυμήδης, Thrasymēdēs)は、ギリシア神話の人物。長母音を省略してトラシュメデスとも表記される。


トラシュメーデースΘρασυμήδης, Thrasymēdēs)は、ギリシア神話の人物である。ピュロス王ネストールの子で、ペルセウス、ストラティコス、アレートス、エケプローン、アンティロコスペイシストラトスペイシディケー、ポリュカステーと兄弟[2][3]。シロスの父、アルクマイオーンの祖父で[4]アテーナイのアルクマイオニダイの祖[5]

トラシュメーデースはネストールやアンティロコスとともにトロイア戦争に参加した。ピュロスの軍勢15隻を率いたともいわれる[6]。トラシュメーデースはキマイラを育てたというアミソーダロスの子マリスを倒した。またパトロクロスアキレウスの鎧をまとって戦っている間、ネストールの指示でアンティロコスとともに前線から離れたところで味方に気を配りながら戦った。そしてアンティロコスがパトロクロスの死をアキレウスに知らせに行ったとき、彼がピュロス勢を指揮した[7]

後にアンティロコスがメムノーンに討たれたとき、トラシュメーデースはメムノーンを討とうとして果たせなかった。しかしアカマースを攻撃して戦場から退かせ[8]、また木馬作戦に参加した[9][10]

戦後、トラシュメーデースはネストールとともに無事にピュロスに帰り、テーレマコスにも会った[11]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、摘要(E)7・27。
  2. ^ オデュッセイア』3巻。
  3. ^ アポロドーロス、1巻9・9。
  4. ^ パウサニアス、2巻18・8。
  5. ^ パウサニアス、2巻18・9。
  6. ^ ヒュギーヌス、97話。
  7. ^ 『イーリアス』16巻、17巻。
  8. ^ クイントゥス、2巻、6巻。
  9. ^ クイントゥス、12巻。
  10. ^ トリピオドーロス
  11. ^ 『オデュッセイア』3巻。

参考文献[編集]

関連項目[編集]