アンティポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

アンティポス古希: Ἄντιφος, Antiphos, 英語: Antiphus)は、ギリシア神話の人物である、主に、

などのほか数人が知られている。以下に説明する。

プリアモスの子[編集]

このアンティポスは、トロイア王プリアモスとヘカベーの子で、ヘクトールパリスヘレノスデーイポボス、パムモーン、ポリーテース、ヒッポノオス、ポリュドーロストローイロスカッサンドラーラーオディケークレウーサポリュクセネーと兄弟[1]

アンティポスはイーデー山で異母兄弟のイソスとともに牧畜をしていたが、ギリシア軍がトローアスに上陸し、アキレウスがイーデー山を攻撃したときに捕らえられ、身代と引き換えに解放された。その後トロイア戦争で戦いオデュッセウスの部下レウコスを殺したが、イソスとともにアガメムノーンに討たれた[2]。一説に大アイアースに討たれた[3]

タライメネースの子[編集]

このアンティポスは、タライメネースとギュガイア湖のニュムペーの子で、メストレースと兄弟。トロイア戦争のさいにトモーロス山麓のマイオニア人を率いてトロイアを救援した[4]。一説にアンティポスとメストレースはディオメーデースに討たれた[5]

テッサロスの子[編集]

このアンティポスは、ヘーラクレースの子テッサロスの子で、ペイディッポスと兄弟。トロイア戦争におけるギリシア軍の武将の1人で、ペイディッポスとともにコース島、ニーシューロス島などの島々の軍勢30隻を率いて参加した[6]

ギリシア軍がミューシアに上陸し、ヘーラクレースの子テーレポスと戦争になったとき、同じくヘーラクレースの血を引くトレーポレモス、アンティポス、ペイディッポスはギリシア軍の使者としてテーレポスのもとを訪れ、和睦を成立させた[7]。戦後、アンティポスはメネステウス、ペイディッポス、エレペーノールの部下、ピロクテーテースとともにミマース岬まで航海したのち別々の土地に移り[8]、ペラスゴス人の土地を支配し、父の名にちなんでテッサリアーと呼んだという[9]。一説にアンティポスとペイディッポスはヘクトールに討たれた[10]

アイギュプティオスの子[編集]

このアンティポスは、イタケーのアイギュプティオスの子で、エウリュノモスら3人の兄弟がいた。オデュッセウスに従ってトロイア戦争に参加したが、帰国のときにキュクロープスの島に上陸し、ポリュペーモスに食い殺されたという[11]

その他のアンティポス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻12・5。
  2. ^ 『イーリアス』4巻、11巻。
  3. ^ クレータのディクテュス、2巻43、4巻7。
  4. ^ 『イーリアス』2巻。アポロドーロス、摘要(E)3・35。ほか。
  5. ^ プリュギアのダーレス、21。
  6. ^ 『イーリアス』2巻。アポロドーロス、摘要(E)3・14ほか。
  7. ^ クレータのディクテュス、2巻5。
  8. ^ ツェツェース『リュコプローン注解』911。
  9. ^ アポロドーロス「サバス本」、摘要(E)6・15。
  10. ^ プリュギアのダーレス、23。
  11. ^ 『オデュッセイア』2巻。ほかスミュルナのクイントゥス、8巻。
  12. ^ アポロドーロス、1巻7・3~7・4。
  13. ^ アポロドーロス、2巻7・8。
  14. ^ 『オデュッセイア』17巻。

参考文献[編集]