アイネイアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
負傷して手当てを受けるアイネイアース(アエネアース)、傍らには泣くアスカニオス(ユールス)と彼らを見守るアプロディーテー(ウェヌス)

アイネイアース古希: Αἰνείας, Aineiās)あるいはアイネアース古希: Αἰνέας, Aineās)は、ギリシア神話およびローマ神話に登場する半神英雄である。ラテン語ではアエネーアースAenēās)と表記される。日本語では長音記号を省略しアイネイアスアイネアスアエネアスとも呼ばれる。

トロイア王家の人物アンキーセースと女神アプロディーテーウェヌス)の息子。トロイアの王プリアモスの娘クレウーサを妻とし、息子アスカニオス(アスカニウス、別名ユールス、イウールス)をもうけた。

アイネイアースはトロイア戦争におけるトロイア側の武将で、トロイア滅亡後、イタリア半島に逃れて後のローマ建国の祖となったといわれる。古代ローマでは敬虔な人物として知られていた。彼を主人公とした作品に詩人ウェルギリウス叙事詩アエネーイス』がある。

神話[編集]

アイネイアースの誕生[編集]

アイネイアースはアンキーセースとアプロディーテーの息子である。トロイアの名祖トロースに3人の息子イーロスアッサラコスガニュメーデースがおり、そのうちイーロスの孫がトロイアの王プリアモスである。一方、アイネイアースの父アンキーセースはアッサラコスの孫であり、したがってアイネイアースはトロイア王家の傍系にあたる。

アイネイアースの母がアプロディーテーであることは『イーリアス』の中でしばしば述べられ、ヘーシオドスも『神統記』で述べており、古くから知られていた。『ホメーロス風讃歌』によれば、ゼウスはアフロディーテーが神々を人間と結びつけているのを見て、アプロディーテーが自慢したりしないようにアンキーセースへの恋を吹き込んだのでアイネイアースを身ごもったという。アイネイアースの名の由来はこのときアンキーセースがアプロディーテーの正体を知って大いに恐れたことによる。アイネイアースは生まれると5年間ニュムペーに育てられたのちアンキーセースのところに連れてこられ、その後姉ヒッポダメイアとその夫アルカトオスのところで育てられた。成長したアイネイアースは常に神を敬う人物だったので多くの神々の援助を得た。アキレウスイーデー山を攻撃したときアイネイアースはミュルソーネスに逃げた。アキレウスはさらにミュルソーネスを滅ぼしたが、ゼウスは彼を逃がし、以降トロイア戦争に参加した。トロイア戦争ではヘクトールに次ぐ武勇を謳われた。

イタリアへの旅[編集]

トロイアを炎上させ脱出するアイネイアース(1598年画)

木馬の計略によってトロイアが陥落した際、アイネイアースは父アンキーセースを背負い、幼いアスカニオスの手を引いて燃える都から脱出した(以下、ラテン語表記で紹介する)。

トロイアの船団はデーロス島で祖先の地を目指せとの託宣を得て、初めはトロイアの始祖テウクロスの来たといわれるクレータ島に上陸した。しかしクレータではなく同じくトロイアの祖先ダルダノスが住んでいたとされるイタリア半島が目指すべき場所であることを知り、改めて海に出た。アエネアースはメッシーナ海峡を避けシシリア島を時計回りに迂回するコースを取りイタリアを目指したが、途中寄港したドレパヌム(ドレパノン)で父アンキーセースが病死した。

その後女神ユーノーヘーラー)が起こした嵐のためにコースを大きく外れるが、ネプトゥーヌスポセイドーン)に救われ北アフリカに漂着する。この地でアエネアースはカルターゴー(カルタゴ)の女王ディードーと出会い、互いに愛し合うようになる。しかし、これを見たユーピテルゼウス)がメルクリウスヘルメース)を使わしてトロイアの再興のためにイタリアへ渡るよう警告する。神意を受けアエネアースはカルタゴを去り、残されたディードーは自殺した。

イタリア半島に到着後アエネアースはクーマエ(キューメー)において、巫女シビュラ(シビュレー)の導きによって冥界に入り、そこで亡き父アンキーセースと再会した。アンキーセースは、アエネアースの子孫が未来のローマの英雄となることを告げた。冥界から戻ったアエネアースは、北上し新たなトロイアを築くべき土地であるラティウムに上陸した。

この地で現地の王ラティーヌスの娘ラウィーニアと婚約をするが、それまでラウィーニアと婚約していたアルデアの王トゥルヌスはこれに反対しトロイア人とトゥルヌスの率いるルトゥリー人との間で戦いが起こった。『アエネーイス』では周辺のラティウムの都市もトゥルヌス軍に加わり、ラティヌスも自ら望まぬながらもトロイア人に敵対した。さらにトゥルヌスにはエトルリアの王メーゼンティウスも助勢した。一方アエネアースはラティウム人と敵対していたアルカディア人を率いるパッランテウム(パランテイオン)の王エウアンデル(エウアンドロス)を味方とし、その息子パッラス(パラース)が軍勢に加わった。また僭主であったメゼンティウスを追放したエトルリアの諸都市もアエネアースに助勢した。こうした両者の間で激しい戦いが行なわれ、パッラスやメゼンティウスなど多くの将が命を落とした。最終的にはトゥルヌスとアエネアースとの一騎打ちでアエネアースがトゥルヌスを殺し、戦いは終わった。アエネアースはラウィーニアと結婚し新市ラウィニウムを築いた。

『アエネーイス』の影響でこの伝承が一般的となっているが、ティトゥス・リウィウスによると細部が異なる。アエネアースはラティウム到着後、ラティーヌスからラウィーニアを妻としてもらい同盟を結んでいる。これを不服としたトゥルヌスがアエネアースとラティーヌスに戦いを挑むが、この戦いはトロイア方が勝利する。しかし勝利したアエネアース側もラティヌスをこの戦いで失った。敗れたトゥルヌスはメゼンティウスの率いるエトルリア人の助けを得、再びトロイア人とラティウム人に戦いを挑む。この戦いでも再びアエネアース側が勝利したが、アエネアース自身は戦死したとしている。他方、オウィディウスの伝えるところによれば、アエネアースはその死期に臨んでウェヌスによって身を浄められて神となったとされる。

伝承成立の側面[編集]

紀元前4世紀ごろからローマ人の間でアイネイアースの伝承が普及したと考えられている。しかし、その伝承を壮大な叙事詩に歌い後世に大きな影響を与えたのは、ウェルギリウスの『アエネーイス』である。詩人たちのパトロンであり、アウグストゥスの友人でもあったガイウス・マエケナスは、詩人たちにアウグストゥスを称えた詩を作るよう要請していた。ウェルギリウスはこれに応え、アウグストゥスが属したユリウス氏族が祖先と主張するアイネイアースを長編の詩に詠うことによって、アイネイアース伝承を豊かにし、ユリウス氏族の使命を神秘化することによって、アウグストゥスによる元首政を堅固なものにすることに寄与した。

因みに伝承ではアエネアースの長男アスカニウスは父と新しい母と離れ、遠方の土地にアルバ・ロンガを築いた。後にこの都市は義母と父との間に生まれた異母兄弟のシルウィウスに譲られ、シルウィウスの遠い子孫であるロームルスレムスの双子の兄弟がローマを建国する事になる。つまりラテン人とトロイア人の血を引く王家に端を発する訳であるが、これもより古い民族と自民族の関連を望んだ民族神話の一種であろう。

アイネイアース神話の成立[編集]

古代ローマにおけるアイネイアース神話は、紀元前4世紀にラティーヌス神話をそっくり模倣したものであると考えられている。ラティーヌスは、ラテン人が毎年アルバーノ山(現カーヴォ山)でユピテル・ラティアリス神に犠牲を捧げるとき、神話上の父祖たる王を呼ぶとき使った名称である。現に、ラティーヌスの名が記された紀元前6世紀の文字が記された土器の破片が出土している。また、ローマ西方の海岸のラウィニウム(現プラティカ・ディ・マーレ)で発掘された墳墓はラティーヌスに奉献されたものと考える研究者もいる。

系図[編集]

 
 
エーレクトラー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イーアシオーン
 
ダルダノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シモエイス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリクトニオス
 
アステュオケー
 
 
 
スカマンドロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
トロース
 
 
 
カリロエー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ガニュメーデース
 
イーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アッサラコス
 
ヒエロムネーメー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ラーオメドーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ストリューモー
 
 
 
 
 
テミステー
 
カピュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘカベー
 
プリアモス
 
 
ヘーシオネー
 
テラモーン
 
 
アステュオケー
 
テーレポス
 
 
 
アンキーセース
 
アフロディーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュドーロス
 
 
ヘクトール
 
カッサンドラ
 
ヘレノス
 
デーイポボス
 
ポリュクセネー
 
パリス
 
 
 
アイネイアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドロマケー
 
 
アステュアナクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
 
 
 
アスカニオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



参考文献[編集]