ポーモーナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『ポーモーナ』(Pomona)、ニコラス・フーシェ/絵、1700

ポーモーナ: Pōmōna, Pomona)は、ローマ神話に登場する果物とその栽培を司る女神[1](pomaは「果物」の意[2])。長母音を省略してポモナとも表記される[1]

ローマからオスティアへの街道上にポーモーナの聖森・「ポーモーナル」があった[2]

果物の神・ウェルトゥムヌスはポーモーナに恋して、求愛を成功させるために、樣々に身を変じて求婚した[2]

出典[編集]

  1. ^ a b マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店 1988年、529頁。
  2. ^ a b c 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960年、263頁。

関連項目[編集]