バックス (ローマ神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バックス(Bacchus)またはバッコスは、ローマ神話ワインである。ギリシア神話ディオニューソスに対応する。ディオニューソスの異名バッコスがラテン語化してバックスとなったもの。日本ではしばしば英語読みのバッカスで言及される。

イタリアでバックスの祭祀が始まったのは紀元前2世紀からである。イタリアでは、ローマ人の神リーベル(Liber)の崇拝と結びついた。

ローマにおけるバックスの神話は、ギリシア神話のディオニューソスの神話をローマの神名に置き換えたものである。神話についてはディオニューソスの項を参照。

バックスを称える酒宴の踊りとしてバッカナリア(英語 en:Bacchanalia)、バッカナール(フランス語 fr:Bacchanales)、バッカナーレ(イタリア語 it:Baccanale)がある。

クラシック音楽には、さまざまなバッカナールが生み出されている。