ユーノー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バチカンのユーノー像

ユーノー (Juno、古典綴:Iūno) は、ローマ神話女性結婚生活を守護する女神で、主に結婚、出産を司る。また、女性の守護神であるため月とも関係がある[1]主神ユーピテルにしてであり、最高位の女神である。神権を象徴する美しい王冠をかぶった荘厳な姿で描かれ、孔雀がその聖鳥。女性的気質の神格化である。ギリシア神話ヘーラーと同一視される。

英語ではジューノウ (Juno) 、フランス語ではジュノン (Junon) 。日本語ではユノユノージュノーなどともカナ表記する。

ユーピテル、ミネルウァと共に3柱1組でカピトーリウムの丘の神殿で崇拝されている。

古代ローマのユーノーのとしては3月1日のマートローナーリア (Matronalia) や7月7日のノーナイ・カプロティーナイ (Nonae Caprotinae) があったが、現在では6月の女神として知られる。ヨーロッパの言語で6月を表す Giugno, Juin, June などはユーノーに由来する。また、「6月の花嫁(ジューン・ブライド)」は、6月に結婚することで花嫁にユーノーの加護を期待する風習である。

神話[編集]

サートゥルヌスの娘で、ユーピテルとの間にウゥルカーヌスユウェンタースを産んだ。花の女神フローラからもらった魔法の花に触れて妊娠し戦いの神マールスを単独で産んだ。

ウェルギリウスによる叙事詩アエネーイス』(Aeneid)ではトロイア人を憎み、ウェヌスの息子アイネイアースローマ建国を阻むため、アネモイ(風神)の主であるアイオロスに頼んでアイネイアースの船隊を沈没させようとした。その返礼に自らの配下のニンフで最も美しいデーイオペーアをアイオロスに与えると言った。第七巻ではユーノーがアレークトーを呼んでトゥルヌスとアイネイアースの戦争を扇動させた。二人の開戦前にはユーノーが、ラティーヌス王の代わりに、戦いを始める際に開けることになっているヤーヌスの神殿の門を開け放った。

添え名[編集]

ユーノーは様々な添え名と側面を持ち、崇拝されている。

ユーノー・モネータ(Juno Moneta)
忠告のユーノー。ガリア人のローマ侵入を神殿で飼われていたガチョウが告げたため「忠告する」という名を付された。紀元前345年に建設されたユーノー・モネータの神殿では後に貨幣の鋳造が行われた。
ユーノー・ルーキーナ(Juno Lucina)
出産のユーノー。ルーキーナと同じく、ローマ人では「子どもを光明の中へ出す女神」とも称される。
ユーノー・レーギーナ(Juno Regina)
女王のユーノー。ユーピテルの妻にして、通常「神々の女王」とも呼ばれる。
ユーノー・フォルトゥーナ(Juno Fortuna)
運命のユーノー。
ユーノー・カプロティーナ(Juno Caprotina)
豊穣・多産のユーノー。
ユーノー・ソスピタ(Juno Sospita)
救済・守護のユーノー。
ユーノー・ナタリス(Juno Natalis)
誕生日のユーノー。
ユーノー・ユガ(Juno Juga)
結びのユーノー。

出典[編集]

  1. ^ 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960、293頁。

関連項目[編集]