モネータ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モネータラテン語: Moneta)は、ローマにおけるユーノーの添え名[1]

モネータは「忠告する」という意味の「ラテン語: monere」が語源である[1]紀元前390年ガリア人がローマに侵入する際に、カピトーリウムの丘のユーノー・モネータの神殿で飼われていた聖なるガチョウが敵の襲来を告げたため等、この名称の起源は様々なものが伝えられている[1]

また、その神殿が貨幣鋳造所になったため、この名は「マネー(Money)」という英語の語源となった[1][2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960年、290-291頁。
  2. ^ 山北篤 『西洋神名事典』 新紀元社 1999年、246頁。