サラーキア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

サラーキア(Salacia)はローマ神話女神で、ネプトゥーヌスの妻にあたる[1][2]

トリートーンの母で[3][4]海水の女神。ギリシア神話アムピトリーテーと同一視される[5][6]

また、ウェヌスの別名として用いられたともいわれる。

出典[編集]

  1. ^ 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960、130頁。
  2. ^ 山北篤 『西洋神名事典』 新紀元社 1999年、236頁。
  3. ^ Gods of Olympos Or Mythology of the Greeks and Romans, Petiscus, A.H., Translated by Katherine A. Raleigh, Published by Kessinger Publishing: 2003.
  4. ^ Manual of Mythology: for the use of schools, art students, and general readers founded on the works of Petiscus, Preller, and Welcker, Murray, A. S., Asher: 1873, Original from Oxford University, Digitized 19 Jan 2007
  5. ^ Augustine, De civitate Dei, vii. 22, “Jam utique habebat Salaciam Neptunus uxoreum”; Servicius, on Virgil, Aen, x. 76, “Sane hane Veniliam quidam Salaciam accipiunt, Neptuni uxorem.”
  6. ^ Adonis Attis Osiris: Studies in the History of Oriental Religion, Frazer, J. G., Edition: 3, Kessinger Publishing: 2003

関連項目[編集]