カメーネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

カメーナエ(Camenae)は、ローマ神話における噴水女神(複数)。またはウェヌスの水のニュンペーとされていた。賢く、時には予言を与えてくれる。カメーナエは、カルメンタエゲリアポリマ(アンテウォルタ)、ポストウェルタ(ポストウォルタ)の4人である。

セルウィウス城壁のカペーナ門 (en) の外に神聖な森があり、そこに祀られていた。カルメンタがリーダーとされていて、カペーナ門外の森と泉はカルメンタに捧げられたものである。カルメンタの祭であるカルメンタリア祭では、ウェスタの巫女がその泉から儀礼用の水を汲んだ。カメーナエは後にギリシア神話ムーサと同一視された。

関連項目[編集]