ユウェンタース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ユウェンタースラテン語Juventas)は、ローマ神話における青春の女神[1]ユーピテルユーノーの娘である。ユウェンタースは青春の美ではなくて、青年男子の守護神であり、成人式には賽銭が捧げられた[1][2]

伝説によるとカピトーリウムの丘神殿が建設される以前から祭祀されていたが、神殿建設のさいに境界標識の神テルミヌスとともに立ち退きを拒否したとされる[1]。そのためユーピテル神殿ミネルウァの部屋の入口にユウェンタースのための席が設けられたという[1]

ギリシア神話の青春の女神ヘーベーと同一視される[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 『ギリシア・ローマ神話辞典』292頁。
  2. ^ 山北篤監修『西洋神名事典』新紀元社、246頁。
  3. ^ オウィディウス『転身物語 (上)』田中秀央前田敬作訳、グーテンベルク21、2013年、157頁。

参考文献[編集]

関連項目[編集]