マグナ・マーテル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マグナ・マーテルラテン語: Magna Mater、もしくは Magna Mater deorum Idaea)は、ローマ神話女神である。ラテン語(Magna Mater deorum Idaea)の意味は「イダ[1]の、神々の大いなる母」(イダエアはイデーアとも読む)。日本語ではマグナ・マテル諸神の母などとも呼ぶ。

ミノアレアと同じくプリュギアキュベレーが起源である。この女神の祭祀は紀元前6世紀から紀元前4世紀にかけてプリュギアからギリシアに移動した。ローマでは紀元前205年に受容された(詳細はキュベレーを参照)。

また、ローマ神話のマグナ・マテルに限らず、大地の神、豊穰の神、出産の神はさまざまな神話の中に現れる。聖母マリア信仰はキリスト教に大地母神信仰が取り入れられたものだという主張があり[誰によって?]、また荼枳尼天がこのカテゴリに属するという人もいる[要出典]ファンタジーなどの主題としても用いられる。

脚注[編集]

  1. ^ プリュギアの山。標高 1774 m、東経 26度51分、北緯 39度42分。昔のトロイア(イリオス)の南東。同じ名前の山がクレタ島にもあり、こちらはレアゼウスと関係がある。en:Mount Idaによる

関連項目[編集]