ローマの七丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Seven Hills of Rome.svg
Roma Ante condita.png

ローマの七丘- しちきゅうラテン語: Septem Montes Romaeイタリア語: Sette colli di Roma)とは、ローマの市街中心部からテヴェレ川東に位置する古代ローマ時代の七つの丘のことで、都市ローマの基礎を形作った。

日本語ではイタリア語読みと、ラテン語読み(古代ローマ史で)が併用されている。

イタリア語読み ラテン語読み 備考
アヴェンティーノ Aventino アウェンティーヌス Aventinus
カンピドリオ Campidoglio カピトーリウム Capitolium
チェーリオ Celio カエリウス Caelius A
エスクイリーノ Esquilino エスクウィリアエ Esquiliae A
パラティーノ Palatino パラーティヌス Palatinus
クイリナーレ Quirinale クウィリーナーリス Quirinalis
ヴィミナーレ Viminale ウィーミナーリス Viminalis A
『備考』欄について
現在のローマ七丘といった場合は上記のうち『備考』欄にAのある3つを除き、代わりにピンチョ、ジャニコロ、オッピオ(オッピウス)の3つを入れた7つの丘を指す[1]

前6世紀の初めまでにこれら7つの丘の集落が合体して都市(ウルプス,ポリス)を形成したと言われている[2]。テヴェレ川と七丘に守られた地域が古代ローマの中心地になり、パラーティーヌスの丘の北に、ローマの政治・経済の中心となる広場フォルム・ローマーヌムが築かれた[3]。前4世紀初めには七丘を囲むようにセルウィウス城壁が築かれた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ローマ七丘」、『世界大百科事典』(平凡社)、1988年。
  2. ^ 「ローマ」、『世界大百科事典』(平凡社)、1988年。
  3. ^ 『ローマの地理』、河島思朗(日本女子大)

関連事項[編集]