ローマの七丘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ローマの七丘(ローマのしちきゅう、ラテン語: Septem Montes Romaeイタリア語: Sette colli di Roma)とは、ローマの市街中心部からテヴェレ川東に位置する、古代ローマ時代の七つの丘のことで、都市ローマの基礎を形作った。

日本語ではイタリア語読みと、ラテン語読み(古代ローマ史で)が併用されている。

前6世紀の初めまでにこれら7つの丘の集落が合体して都市(ウルプス,ポリス)を形成したと言われている[1]。テヴェレ川と七丘に守られた地域が古代ローマの中心地になり、パラーティーヌスの丘の北に、ローマの政治・経済の中心となる広場フォルム・ローマーヌムが築かれた[2]。前4世紀初めには七丘を囲むようにセルウィウス城壁が築かれた。

また『ローマの七丘』以外に、『初期ローマの七丘』や『現代のローマの七丘』という区分けも存在する。以下の地図および一覧を参照のこと。

紀元前31年のローマの地図上に示した、ローマの七丘およびその他の主要地形の名称。都市を囲む黒点線はセルウィウス城壁

初期ローマの七丘

都市ローマ成立前に人が定住したと伝えられる七丘で、オッピウス(オッピオ)、パラティウム(パラティーノの東側)、ウェリア(ヴェーリア)、ファグタル(オッピオの一部)、ケルマルス(パラティーノの西側)、カエリウス(チェリオ)、キスピウス英語版の7つである。 ※カッコ内は現代のイタリア語での表記

ローマの七丘

都市ローマの起源となったローマの七丘は、アウェンティヌス(アヴェンティーノ)、カピトリヌス(カンピドリオ)、カエリウス(チェリオ)、エスクイリヌス(エスクイリーノ)、パラティヌス(パラティーノ)、クイリナリス(クイリナーレ)、ウィミナリス(ヴィミナーレ)の7つである。 ※カッコ内は現代のイタリア語での表記

現代のローマ七丘

アウェンティヌス(アヴェンティーノ)、カピトリヌス(カンピドリオ)、パラティヌス(パラティーノ)、クイリナリス(クイリナーレ)、ホルトゥロルム(ピンチョ)、ヤニクルム(ジャニコロ)、オッピウス(オッピオ)の7つ[3]である。 ※カッコ内は現代のイタリア語での表記

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「ローマ」、『世界大百科事典』(平凡社)、1988年。
  2. ^ 『ローマの地理』、河島思朗(日本女子大)
  3. ^ 「ローマ七丘」、『世界大百科事典』(平凡社)、1988年。

関連事項[編集]