プルートー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

プルートーラテン語Plūtō)は、ローマ神話における冥界を司る[1]ギリシア神話ハーデースがローマ神話に取り入れられたものである[1]日本語では長母音記号を省略しプルト[2]プルートプルトー[3]などともいう。

この名はギリシア語プルートーンΠλούτων, Plūtōn, 「富める者」の意)が転訛したもので、ハーデースの呼称の一つだった[1]。これをラテン語に訳したディース・パテル(ディス・パテル、Dis Pater)という名でも知られる[1]

本来はギリシア神話の神であるため、神話はほとんどがハーデースのものである。後に死の神オルクスや慰霊の神フェブルウスと同一視された[1]

現代西洋占星術では冥王星の守護神とされる。

他の分野での言及[編集]

ダンテの『神曲』「地獄篇」にも同名の神が登場する。

核兵器原子力発電所で利用されているプルトニウム(Plutonium)の語源は、先に発見された放射性元素であるウランネプツニウムがそれぞれ、その名前がウラヌスに由来する天王星ネプトゥーヌスに由来する海王星に因んで命名されたのを継承して、冥王星に因んで命名された。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960年、190,215,220頁。
  2. ^ マイケル・グラント、ジョン・ヘイゼル 『ギリシア・ローマ神話事典』 大修館書店 1988年、402頁。
  3. ^ 松村一男『世界の神々の事典 - 神・精霊・英雄の神話と伝説 - 』学研〈Books Esoterica 事典シリーズ 5〉、2004年、ISBN 978-4-05-603367-0、132頁。

関連項目[編集]