ラウェルナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ラウェルナ(Laverna)は、ローマ神話に登場する盗人・詐欺と不法な利益を司る女神。暗黒の世界との結びつきから深夜に悪事を働く盗人や詐欺師たちの守護神である。

古代のローマのラウェルナリスの門(ローマ市に入る門の一つ)の近くに祭壇と神域を有した。