デーイオペーア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

デーイオペーア古希: Δηϊοπεία, ラテン語: Dēĭŏpēa)は、ローマ神話に登場するニンフウェルギリウス叙事詩アエネーイス』第1巻初登場。ユーノー配下の優れた容姿を持つ十四柱のニンフたちの中で一番美しい。日本語では長母音記号を省略しデイオペアともいう。

ユーノーはアネモイ(風神)の主であるアイオロスに頼んでテュレーヌム海を航海したトロイア人の船を沈めており、その返礼にデーイオペーアを与えると宣言している。

海に棲むニンフたちネーレーイデスの中の1柱と同名である。

相関項目[編集]