ティーシポネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ティーシポネー古希: Τισιφονη, Tisiphonêラテン語: Tisiphone)は、ギリシア神話に登場する女神長母音を省略してティシポネとも表記される。

エリーニュスの1柱[編集]

復讐の三女神・エリーニュスの1柱である。ローマ神話ではフリアエの1柱として登場する。その名は「殺人の復讐者」[1]とか「殺戮を復讐する女」[2]を意味する。

ガイアの娘で、彼女の姉妹はアレークトーメガイラである[3]タルタロスの大門を守ってきた番人であり、血に濡れた衣を纏っている[4]

アルクマイオーンの娘[編集]

また、アルクマイオーンマントーの間に生まれた娘。

脚注[編集]

  1. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』154頁。
  2. ^ 呉茂一『ギリシア神話(上)』351頁。
  3. ^ アポロドーロス、1巻1・4。
  4. ^ ウェルギリウス『アエネーイス』6巻555行。

参考文献[編集]

関連項目[編集]