シルウァーヌス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
浅浮き彫りで飾られた祭壇には、神シルバヌスを描いた。

シルウァヌスラテン語: Silvanus)は、ローマにおけるを守護する精霊[1]である。その名は 「森の」の意味。シルヴァヌスとも呼称される。

明らかにエトルリア神話のセルヴァンス(Selvans) の系統をひくものである。大カトの『農業論』の中では、家畜の安全を護ってくれるようマルス・シルウァヌス (Mars Silvanus) に供物を捧げていることが記されている。

ギリシア神話シーレーノスサテュロスと一緒にディオニューソスに随行した酒のみの精霊)とははっきりしたつながりがない。

脚注[編集]

  1. ^ en:genius loci参照。geniusは人などの霊、後に守護霊として用いられた。lociは「場所の」。土地の守護霊は多くの場合の姿で描かれた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]