ウーラノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ウーラノス古代ギリシア語: Οὐρανός、Ouranos)は、ギリシア神話に登場する天空神である。全宇宙を最初に統べた原初の神々のとされる。果てしなく巨大な体躯を持ち、無数の銀河系が鏤められた宇宙を常に身に纏っている。ウーラノスとはギリシア語で 「天」 の意味で、天そのものの神格化である。日本語では長母音を省略してウラノスとも表記する。

ローマ神話にも取り入れられカイルス(Caelus)と呼ばれる[1]

概説[編集]

クロノスに去勢されるウーラノス(1560年)

ガイアの息子であると同時に夫でもあり、ガイアとの間にクロノスティーターン12神をもうける。

また、キュクロープスヘカトンケイルもウーラノスとガイアとの間の子供だが、ウーラノスはその醜怪さを嫌い、彼らをタルタロスに幽閉してしまう。これに怒ったガイアは末子クロノスに命じて、刃が魔法の金属・アダマスで作られた鎌でウーラノスの男性器を切り落とさせた。この時流れた血からエリーニュスたちやギガースたち、メリアスたちが生まれた[1]。また、一説ではこの後、海に漂流していたウーラノスの陽物の周囲にできた泡から生まれたのがアプロディーテー女神である。

ギリシアでは、天は元来暗いものと考えられており、昼の光(ヘーメラー)は天の上のアイテール(清明な大気)にあるものとされていた。ウーラノスは「星ちりばめたる」という称号を持ち、全身に銀河を鏤めた宇宙の神と考えられていた。夜に暗くなるのは、彼がガイアと交わる為にニュクス(夜)を伴って大地に近づくためだという。


解釈[編集]

ガイアの息子にて夫であるウーラノスは星のきらめく空であり。ギリシャにおいて信仰の対象とはまったくされなかったようだ。この空と大地の概念は原初的な二柱の神と考えられ。これは全てのインド=ヨーロッパ民族に共通する。すでにリグ・ヴェーダの中で空と大地は、「不滅の夫婦」、世界は二人の曾父母と呼ばれていた。[2]

派生[編集]

ドイツの法律家で同性愛者の活動家、カール・ハインリッヒ・ユルリクスde)は、ウーラノスの逸話から男性同性愛を連想し、それを「ウールニング(Urning、ドイツ語で男性同性愛を意味する)」(en)と名付けた。日本では1913年(大正2年)に翻訳刊行されたクラフト=エビング「性の精神病理」で知られるようになった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960年、60,95,104,287頁。
  2. ^ Girishia shinwa.. Guirand, Félix., Nakajima, Takeshi, 1931- Hon'yakuka., 中島, 健, 1931- 翻訳家. 青土社. (1991.11). ISBN 4791751442. OCLC 674720971. https://www.worldcat.org/oclc/674720971. 

関連項目[編集]