ヘスペレトゥーサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヘスペレトゥーサ古希: Ἑσπερεqουσα, Hesperethusa)は、ギリシャ神話に登場する夕べのニンフヘスペリデスの1柱で、ヘスペラやヘスペレとアレトゥーサを合わせた造語でもある。

その名前は古代ギリシア語で「夕焼け女」を意味する。

ヘスペラレトゥーサ (Hesperarethusa)、ヘスペラトゥーサ (Hesperathusa)やヘスペレストゥーサ (Hesperesthusa)など別名を持つ。

概要[編集]

ウェルギリウスによる『アエネーイス』第4巻の注釈の中でセルウィウスは、ヘーシオドスによればヘスペリデスはの女神・ニュクスの娘たちであり、大洋の彼方に位置する黄金の林檎を守る番人。その名はアイグレー (Aegle)、エリュテイア (Erytheia)と牛の眼のヘスペレトゥーサ (ox-eyed Hesperethusa)。

アポロドーロスによる『ビブリオテーケー』では、ヘスペレトゥーサからヘスペリアー (Hesperia)とアレトゥーサ (Arethusa)という二人のヘスペリデスに分割されており、四姉妹となった。

また、アトラースヘスペロスの娘という別説でもある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]