ロバート・グレーヴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Robert graves-1492549303 (cropped).JPG

ロバート・グレーヴス(Robert von Ranke Graves, 1895年7月24日 - 1985年12月7日)は、イギリス詩人小説家評論家グレーヴズグレイヴズ表記もある。

父アルフレッドはダブリン生まれのアングロ=アイリッシュ系の詩人で、数学者であると同時にオガム文字の権威でもあった。フォン・ランケは牧師をしていたドイツ系の母方の姓であり、叔父に歴史家のレオポルト・フォン・ランケがいる。

経歴[編集]

主な著書[編集]

詩集[編集]

  • Over the Brazier (1916年) グレーヴス最初の詩集。
  • Collected Poems (1938年)

小説[編集]

自叙伝・評伝[編集]

神話研究[編集]

  • ギリシア神話』(原題: The Greek myths, 1955年) 高杉一郎訳、紀伊國屋書店。この分野での代表作。
  • 『抄訳・ギリシア神話』(原題: Greek gods and heroes, 1960年) 椋田直子訳、PHP研究所。子供向けの内容。

参考書籍[編集]

  • ロバート・グレーヴス『ギリシア神話』(上・下、高杉一郎訳、紀伊國屋書店