高杉一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高杉 一郎(たかすぎ いちろう、1908年7月17日 - 2008年1月9日)は、日本評論家小説家翻訳家エスペランティスト和光大学名誉教授。本名は小川 五郎(おがわ ごろう)で、大学教授としてはこの名前で教えた。

来歴・人物[編集]

静岡県生まれ。東京文理科大学教育学科中退。 1933年より改造社に勤務、雑誌『文藝』編集主任ののち、1942年東京文理科大学英文科卒業。1944年徴兵され、ハルピンで敗戦を迎え、シベリア抑留を体験。 1949年復員[1]。帰国後書いた抑留体験記『極光のかげに』『人間』(1950年8-12月)が第24回芥川龍之介賞候補にあがり、ベストセラーとなる。

1950年静岡大学教育学部講師、1957年文理学部助教授、1965年教授、1967 - 1972年評議員、1972年定年退官。 同年常葉女子短期大学教授。1973年和光大学教授。1989年退職[2]

1980年、古田拡らとの共著『源氏物語の英訳の研究』で毎日出版文化賞受賞。

2008年、99歳で死去。没する直前にETV特集のインタビューに出演し、改造社編集者時代を長女の介添で語っている。 没後に、太田哲男著『若き高杉一郎 改造社の時代』(未來社)が出版された。

人物[編集]

ロシアの詩人・ワシリー・エロシェンコエスペラントからの翻訳や紹介、アグネス・スメドレー英語からの翻訳や紹介、フィリッパ・ピアス『トムは真夜中の庭で』などの英語およびロシア語児童文学の翻訳でも有名である。

長女はロシア文学者で大阪外国語大学教授を務めた田中泰子、次女はロシア文学者佐野朝子。三女は文教大学教授で、絵本研究家中川素子。義妹(妻の妹)の大森寿恵子宮本顕治夫人。

著書[編集]

  • 『極光のかげに』(目黒書店) 1950、のち新潮文庫 1951、のち冨山房百科文庫 1977、のち岩波文庫 1991
  • 『盲目の詩人エロシェンコ』(新潮社) 1956
  • 『英米児童文学』(編著、中教出版) 1977
  • 『中国の緑の星 長谷川テル反戦の生涯』(朝日選書) 1980
  • ザメンホフの家族たち あるエスペランティストの精神史』(田畑書店) 1981
  • 『夜明け前の歌 盲目詩人エロシェンコの生涯』(岩波書店) 1982
  • 『大地の娘 アグネス・スメドレーの生涯』(岩波書店) 1988
  • スターリン体験』(岩波書店、同時代ライブラリー) 1990、のち改題『わたしのスターリン体験』(改訂版)(岩波現代文庫)2008
  • 『シベリアに眠る日本人』(岩波書店、同時代ライブラリー) 1992
  • 『征きて還りし兵の記憶』(岩波書店) 1996、のち岩波現代文庫 2002
  • 『ひとすじのみどりの小径 エロシェンコを訪ねる旅』(リベーロイ社) 1997
  • 『あたたかい人』(太田哲男編、みすず書房) 2009 - 遺文集

翻訳[編集]

フィリパ・ピアス[編集]

  • 『トムは真夜中の庭で』(フィリッパ・ピアス、岩波書店) 1967、のち岩波少年文庫、のち新装版 2000
  • 『ペットねずみ大さわぎ』(フィリパ・ピアス、岩波書店) 1984
  • 『幽霊を見た10の話』(フィリパ・ピアス、岩波書店) 1984
  • 『サティン入江のなぞ』(フィリパ・ピアス、岩波書店) 1986
  • 『ライオンが学校へやってきた』(フィリパ・ピアス、岩波書店) 1989
  • 『こわがってるのはだれ?』(フィリパ・ピアス、岩波書店) 1992

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 『あたたかい人』附載略年譜