オイジュス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

オイジュス古希: Ὀϊζύς, Oizys, 苦悩の意)は、ギリシア神話の神である。苦悩の擬人化。

ヘーシオドスの『神統記』によると、夜の女神ニュクスが1人で生んだ子で[1]モロス(定業)、ケール(死の運命)、タナトス(死)、ヒュプノス(眠り)、オネイロス(夢)、モーモス(非難)、ヘスペリスたち、モイラ3姉妹(クロートーラケシスアトロポス)、ネメシス(義憤)、アパテー(欺瞞)、ピロテース(愛欲)、ゲーラス(老い)、エリス(争い)と兄弟である[2]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、214行。
  2. ^ ヘーシオドス、211行-225行。

参考文献[編集]