プレゲトーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

プレゲトーン古希: Φλεγέθων, Phlegethōn)は、ギリシア神話に登場する冥府に流れる炎のである。ギリシア語で「燃え盛る」という意味である。別名:ピュリプレゲトーンもしくはピュリフレゲトーンΠυριφλεγέθων, Pyriphlegethōn:「燃え盛る炎」の意)。長母音を省略してプレゲトンピュリプレゲトンピュリフレゲトンとも表記される。

プラトーンが執筆したソクラテス死刑当日を舞台とした対話篇パイドン』に記述されている。その内容を要約すると「オーケアノスアケローン川の中間を流れ、出てくる場所の近くで広大な火の領域に流れ込み、地中海より大きい水と泥を沸騰させる湖を形成する。そして地をドロドロと曲がりくねりながら進みアチェルシア湖(アケルーシアス湖)の端にたどり着くが、この湖の水とは交じり合わない。その後地を巡り巡ってタルタロスに流れ込む。これがピュリフレゲトーンであり、大地の様々な場所から吹きあがるのもそう呼ばれる。」とある[1]

出典[編集]