ペルセウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メドゥーサの首を切り落としたペルセウス。アントニオ・カノーヴァ作『メドゥーサの頭を持つペルセウス』(1800年頃) バチカン美術館所蔵

ペルセウス古希: Περσεύς, Perseus)は、ギリシア神話に登場する半神英雄である。神々のアイテムを駆使して数々の冒険を成し遂げており、死後星座になった。英語読みでパーシアスとも呼称する。

ゼウスダナエーアルゴスの王アクリシオスの娘)の子。妻アンドロメダーとの間にペルセウス(ペルセース)、アルカイオスステネロスヘレイオスメーストールエーレクトリュオーンゴルゴポネーをもうけた[1]

神話[編集]

誕生[編集]

アルゴス王アクリシオスには娘ダナエーがいたが、男の子がおらず、息子を望んだアクリシオスは使者を使わして神託を求めた。神託は「息子は生まれず、アクリシオスは彼の孫によって殺される」という恐るべき内容だったため、アクリシオスはダナエーを青銅の部屋に幽閉した。そこへゼウスが黄金の雨に身を変えて忍び込み、ダナエーはペルセウスを産んだ。これを知ったアクリシオスは、娘とその子を手にかけることができず、二人を箱に閉じこめて川に流した。ダナエー親子はセリーポス島の漁師ディクテュスによって救出された[2]

ゴルゴーン退治[編集]

メドューサに勝利するペルセウス像(ヴィクトリア&アルバート博物館蔵)

ペルセウスはセリーポス島で成長したが、やがて、ディクテュスの兄でセリーポス島の領主であるポリュデクテースがダナエーに恋慕するようになり、邪魔になるペルセウスを遠ざけるためにゴルゴーンの一人メドゥーサの首を取ってくるように命じた。

ペルセウスはアテーナーヘルメースの助力を受け、アテーナーの楯、ヘルメースの翼のあるサンダル、ハーデースの隠れ兜などを身につけた。そして居場所を聞くためにゴルゴーンの妹であるグライアイ三姉妹の元に行った。彼女たちは生まれつき醜い老女で、三人でたった一つの眼と一本の歯しか持っていなかった。彼女たちが居場所を教えてくれないために、この眼と歯を奪って脅すことで無理やり聞き出した。そして死者の国の洞窟の中でゴルゴーン姉妹を発見し、顔を見ないようにしながら剣でメドゥーサの首を取ることに成功した[3]

一説には、楯、サンダル、兜はゴルゴーンの居場所を聞くために立ち寄ったグライアイの所有物で、ゴルゴーンの居場所を聞いたついでに奪っていったという説もある。このとき、首を切られたメドゥーサの体から血しぶきとともに翼ある馬ペーガソスクリューサーオールが飛び出したという。

アンドロメダーとの結婚[編集]

メドゥーサの首を袋に入れて飛行中のペルセウスは、母カッシオペイアのために海神ポセイドーンの怒りを買い、いけにえとされかけていたエチオピアの王女アンドロメダーを見つけ、海の怪獣を倒してアンドロメダーを救った。アンドロメダーと結婚しセリーポス島に戻ったペルセウスは、ポリュデクテースに約束の首をつきつけて石にし、恩義あるディクテュスを新たな王に就けた。

その後、ペルセウスは妻や母と共にアルゴスに帰国したが、このことを伝え聞いたアクリシオスはペルセウスを恐れてアルゴスから逃亡し、ペルセウスはアルゴスの王となった。

あるとき、ペルセウスはラーリッサの街で競技会に出場した。ペルセウスが円盤を投げたところ、円盤が老人に当たってその老人は死んだ。その老人こそアクリシオスで、こうして神託は実現した。ペルセウスは自分が殺してしまった祖父の国土を継承することを恥じ、ティーリュンスの王メガペンテースプロイトスの子)のところに行って国土の交換を行い、ミデア、ティーリンス、ミュケーナイの支配者となった[4]。死後はアテーナーにより天に上げられ、ペルセウス座となった。

系図[編集]

アクリシオス
 
 
 
 
 
ベーロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダナエー
 
カッシオペイア
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペルセウス
 
アンドロメダー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エーレクトリュオーン
 
アルカイオス
 
ステネロス
 
ゴルゴポネー
 
オイバロス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルクメーネー
 
アムピトリュオーン
 
エウリュステウス
 
テュンダレオース
 
レーダー
 
ゼウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘーラクレース
 
イーピクレース
 
カストール
 
クリュタイムネーストラー
 
ポリュデウケース
 
ヘレネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュロス
 
イオラーオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


その他のペルセウス[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、2巻4・5。
  2. ^ アポロドーロス、2巻4・1。
  3. ^ アポロドーロス、2巻4・2。
  4. ^ アポロドーロス、2巻4・3~4・5。
  5. ^ アポロドーロス、2巻4・5。ヘロドトス、7巻61、150。
  6. ^ アポロドーロス、1巻9・9。

関連項目[編集]