アパレウス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アパレウス古希: Ἀφαρεύς, Aphareus)は、ギリシア神話の人物で、メッセーネーの王である。アレネー市の創建者。

ペリエーレースゴルゴポネーの子で、テュンダレオースイーカリオスレウキッポスと兄弟。しかしテュンダレオスとイーカリオスはゴルゴポネーの再婚相手のオイバロスの子であるともいわれる。妻はオイバロスとゴルゴポネーの娘アレネーで、イーダースリュンケウスの父。

都市アレネーの名は妻にちなむとされ、『イーリアス』にも名が挙げられている。

ペリエーレースの死後、アパレウスはレウキッポスとともにメッセーネーを支配したが、アパレウスの勢力はやがてレウキッポスより有力になっていった。

彼のもとにはしばしば国を追われた者がやって来て、アパレウスは彼らを受け入れてやった。特にネーレウスは土地を与えられピュロスを創建した。

アパレウスの子イーダースとリュンケウスはアパレウスにちなんでアパレーティダイ(アパレウスの子供たち)とも呼ばれ、特にイーダースは当世最強の英雄との名声があったが(『イーリアス』)、後に2人とも死んでしまい男子がいなくなったため、メッセーネーの支配権はネーレウスの息子ネストールに移ったという。

ケパロス
 
プロクリス
 
ペルセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アゲーノール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルケイシオス
 
オイバロス
 
ゴルゴポネー
 
ペリエーレース
 
 
 
 
 
デーモニーケー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンティクレイア
 
ラーエルテース
 
イーカリオス
 
アパレウス
 
レウキッポス
 
エウエーノス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クティメネー
 
オデュッセウス
 
ペーネロペー
 
リュンケウス
 
イーダース
 
マルペーッサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テーレマコス
 
 
 
 
 
 
 
メレアグロス
 
クレオパトラー
 
 
 


参考文献[編集]