ピュロス (ギリシャ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ピュロス(希:Πύλος,英:Pylos)はギリシャペロポネソス半島南西、メッセニアにある都市。

1939年から1952年にかけて、アメリカ人カール・ブレーゲン英語版によってミケーネ文明の遺跡が発掘された。この遺跡はミケーネ文明に特徴的な建築様式であるメガロンがある。未解読文字を記した大量の粘土板がアーサー・エヴァンズによって発見され、線文字A及び線文字Bと名付けられたが、エヴァンズは未解明のミノア文明独自の言語であると考え解読を諦めていた。1953年マイケル・ヴェントリスジョン・チャドウィック線文字Bで書かれている粘土板にはミケーネ・ギリシャ語(古代ギリシア語の古形)の文章が書かれていることを解読することに成功した。

ギリシャ神話においてネストル王の領地(en:Palace of Nestor)としても有名である。

ペロポネソス戦争前期にはアテナイ軍が付近に砦を築いてメッセニア一円からの農奴の逃亡を誘い、これを攻めに来たスパルタ市民軍を逆に海上封鎖で孤立させて投降に追い込むという有名な事件の舞台となった。


参考文献[編集]