マイケル・ヴェントリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マイケル・ヴェントリス
生誕 (1922-07-12) 1922年7月12日
イギリスの旗 イギリス
死没 (1956-09-06) 1956年9月6日(満34歳没)
イギリスの旗 イギリス バーネット・バイパス
事故死
居住 イギリスの旗 イギリススイスの旗 スイス
国籍 イギリスの旗 イギリス
研究分野 考古学、建築、言語学
出身校 AAスクール
主な業績 線文字B解読
影響を
受けた人物
アーサー・エヴァンズ
プロジェクト:人物伝

マイケル・ジョージ・フランシス・ヴェントリス(Michael George Francis Ventris, 1922年7月12日 - 1956年9月6日)はイギリス建築家アマチュアの古代文化研究家。言語学者ジョン・チャドウィックとともに線文字Bを解読したことで知られる。

来歴[編集]

幼少時代は父親の結核治療のため多くをスイスなどのヨーロッパ地方の大陸側で過ごした。その時から語学の才能を発揮し、7歳の時点でドイツ語で書かれたヒエログリフに関する書籍を買ってもらい読みこなした。9歳でプレパラトリー・スクールに入学した。パブリックスクールはストウ校に奨学生として通った。この間の一時期にA・A・ミルンの息子、クリストファー・ロビン・ミルンと同じ勉強部屋を使用した。14歳のときにバーリントンハウスで開催されたギリシア、ミノアの美術展をクラスで見に行き偶然会ったアーサー・エヴァンズにミノア文明のことを案内された。その最中線文字Bが未解読であると知り以降関心を持った[1]。同じ年、ロンドンの北のハイポイントと呼ばれる共同住宅に移り住みそこで線文字Bの解読も行った。[2]

ストウ校卒業の年に建築に関心を持って1940年から1948年までAAスクールで学び、その間第二次世界大戦勃発により1942年8月に徴兵され、イギリス空軍兵役に就き1946年復員した。その後2年間はAAスクールで建築の勉強をしつつアマチュアとして線文字Bの解読に携わった。[3]

20世紀の初めにアーサー・エヴァンズクレタ島クノッソスから発掘した大量の粘土板に書かれた文字のうち、新しいものが線文字Bと呼ばれる。エヴァンズは、線文字Bは未知の言語「ミノア語」であると考え、文字数から音節文字と予想して解読に取り組んだが成功しなかった。その後、en:Alice Koberによって線文字Bの語尾が変化(ディクレンション)することが明らかになり、ラテン語ギリシア語に似ていると指摘された。ヴェントリスも初めはミノア語説により解読を試みていたが、この結果に促され途中でギリシア語説に乗り換えた。

線文字Bはギリシア本土でも少し見つかっており、クレタ島でのみ見つかった一部の文字列はクレタ島の地名であると彼は想像した。この想定が当たり、彼はこれを突破口にして解読を進め、線文字Bが古いギリシア語を書いていることを明らかにした。さらに古典ギリシア語に詳しい言語学者チャドウィックとともに研究を進め、1953年に発表した。

しかし1956年自動車事故で死亡した[4]。そのため研究はチャドウィックに引き継がれることになった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『線文字Bを解読した男』26-27頁
  2. ^ 『線文字Bを解読した男』21-33頁
  3. ^ 『線文字Bを解読した男』35-37、53、58-59頁
  4. ^ 『線文字Bを解読した男』183頁

参考文献[編集]

  • 『線文字Bの解読』(J.チャドウィック著、大城功訳、1976年、みすず書房)
  • アンドルー・ロビンソン 『線文字Bを解読した男-マイケル・ヴェントリスの生涯』 片山陽子訳 創元社、2005年10月20日、ISBN 4-422-20230-8