アトロポス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アトロポス
運命を司る女神
Atropos.jpg
運命の糸を切るアトロポスのレリーフ
ニュクス
ゼウス, テミス(掟)
兄弟 クロートー, ラケシス
ローマ神話 モルタ
テンプレートを表示

アトロポス古希: Ἄτροπος, Atropos)は、ギリシア神話女神である、運命を司る3人の女神モイライの1人である。その名前は「変えるべからざる者」[1]あるいは「不可避の者」という意味を持つ[2]ローマ神話モルタラテン語: Morta)と同一視される。

概要[編集]

ヘーシオドスの『神統記』によると夜の女神ニュクスが夫を必要とせずに生んだ数多くの子供の1人で、モイライの他の2人の女神クロートーラケシスと姉妹[3]。あるいはテミスとゼウスの娘で、クロートーとラケシスおよび季節を司る3人の女神ホーライと姉妹[4][5]。幽冥の神エレボスとニュクスの娘[6]、必然の女神アナンケーの娘とも言われる[7]

ヘーシオドスによるとモイライは人が誕生するときに禍福の運命を与えると述べられている[8][9]。アトロポスはモイライの中では末妹に当たり、運命の糸を切るのを役割とする。

プラトーン対話篇国家』の末尾の死後の世界を描いた「エルの物語」でモイライの役割について語っている。モイライはアナンケー女神の膝元に玉座を持ち、みな白い衣をまとい、頭に花冠を戴いており、アトロポスは未来に起こることを歌いながら、左手でアナンケーの紡錘が回転するのを助けている[7]

系図[編集]

 
 
 
 
カオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エレボス
 
 
 
 
 
 
 
ニュクス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイテール
 
ヘーメラー
 
モロス
 
ケール
 
タナトス
 
ヒュプノス
 
オネイロス
 
モーモス
 
オイジュス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘスペリデス
 
クロートーモイラ
 
ラケシスモイラ
 
アトロポスモイラ
 
ネメシス
 
アパテー
 
ピロテース
 
エリス
 
ゲーラス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポノス
 
レーテー
 
リーモス
 
アルゴス
 
ヒュスミーネー
 
マケー
 
ポノス
 
アンドロクタシアー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ネイコス
 
プセウドス
 
ロゴス
 
アムピロギアー
 
デュスノミアー
 
アーテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.290a。
  2. ^ カール・ケレーニイ邦訳、p.27。
  3. ^ ヘーシオドス、217行-219行。
  4. ^ ヘーシオドス、904行-906行。
  5. ^ アポロドーロス、1巻3・1。
  6. ^ ヒュギーヌス、序文。
  7. ^ a b プラトーン『国家』617C。
  8. ^ ヘーシオドス、218行。
  9. ^ ヘーシオドス、905行。

参考文献[編集]

関連項目[編集]