エリュテイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

エリュテイア古希: Ερυθεια, Erytheia)は、ギリシア神話に登場するニンフである。ヘスペリデスの一柱である。

その名前は古代ギリシア語で「紅色の女」を意味する[1]

一般的にはアトラースの娘として知られ、別説に夜の女神・ニュクスの娘[2]アイグレーヘスペレトゥーサ[3]とともに世界の西の端にあるという「ヘスペリデスの園」に住んでいて、その中に植えたヘーラーの果樹園の黄金のリンゴを守る。

大洋オーケアノスの西の果てに浮かぶと同名である。ゲーリュオーンはエリュテイア島上で紅い牛の群れを飼っていた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 高津春繁 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960、72頁。
  2. ^ ヘーシオドス神統記』、211~216。
  3. ^ アポロドーロス、2巻5・11。ヘーシオドスによれば3人目のヘスペレトゥーサを足して割ったようなヘスペリアーアレトゥーサであることが言及されている。