ニュシアデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
『幼いディオニューソスを育てたニュシアデス』(フランソワ・ブーシェ作、1734年)

ニュシアデス古希: Νυσιαδες, Nysiades)は、ギリシア神話に登場する、幼いディオニューソスと戯れたニューサ山の精霊であるニュンペー(ニンフ)[1]

彼女たちは、5人あるいは6人、それ7人説ともいわれる。ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスによる『ギリシャ神話集』ではキッセーイス(Cisseis)、ニューサ(Nysa)、エラトー(Erato)、エリフィアー(Eriphia)、ブロミアー(Bromia)、ポリュヒュムノー(Polyhymno)がいる[2]ヒュアデスと同一視されることもある。

脚注[編集]

  1. ^ B・エヴスリン/著、小林稔/訳 『ギリシア神話小事典』 社会思想社、169頁。
  2. ^ ヒュギーヌス、182。