ヒュアデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ヒュアデス古希: Ὑάδες, Hyades)は、ギリシア神話に登場するキュレーネー山で生まれた7人のニンフ姉妹。名前は「雨を降らす女」を意味する。

ティーターン族の巨人アトラースアエトラの間に生まれた7人の娘とされており、カリュプソーディオーネー、マイラ(Maira)、プレイアデスヘスペリデスとは異母姉妹の関係にある。プレイアデスの7人姉妹と共に、ゼウスの息子・幼い頃のディオニューソスを育てることである。その後、彼女たちの兄弟であるヒュアースが狩りの最中に命を落としてしまったのを嘆いて自殺したため、ゼウスが憐れんで天上の星に変える。

ヒュアデスはヒアデス星団の7つ星と同一視される。

ヒュアデスたちには普段において7人が構成される場合、それ5人説ともいわれる。ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスによる『天文詩』ではアムブロシアー(Ambrosia)、エウドーラー(Eudora)、ペディーレー(Pedile)、コローニス(Coronis)、ポリュクソー(Polyxo)、ピュートー(Phyto)、テュオーネー(Thyone)という7人姉妹がいる[1]。また、明らかにヒュアデスたちの総人数に下表参照。

# ヒュアデス el la
1 パイシュレー Φαισυλη Phaesyle
2 アムブロシアー ἀμβροσία Ambrosia
3 クレエイア Κλεεια Cleea
4 コローニス Κορωνις Coronis
5 エウドーレー Ευδωρη Eudore
6 ペディーレー Πεδιλη Pedile
7 パイオー Φαιω Phaeo
8 ピュートー Φυτω Phyto
9 ポリュクソー Πολυξω Polyxo
10 テュオーネー Θυώνη Thyone

脚注[編集]

  1. ^ ヒュギーヌス、『天文詩』2.21。