アムブロシアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アムブロシアー古代ギリシャ語: ἀμβροσία, ambrosia)は、ギリシア神話に登場する神々の食べ物である。日本語訳では「不死」を意味している。

通常、神々の飲み物はネクタール (νέκταρ) と呼ばれて区別されるが、文献によっては混同されているほか、飲み物を指してアムブロシアーと呼称している場合もある。

本来は神々の食べ物であるが不死の効力を持つため、アキレウスはアムブロシアーを軟膏として用い、塗り残されたアキレス腱部分を除いて不死身の肉体を手に入れたという[1]。また、デーメーテールがデーモポーンを不死の存在にしようとした際にも、アムブロシアーを軟膏としてデーモポーンの身体に塗っている。

脚注[編集]

  1. ^ アキレウスが不死の力を得たのは、ステュクス川の水を浴びたためとも言われる。