アクシオス (ギリシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アクシウポリ英語版を流れるアクシオス川(ヴァルダル川)。

アクシオス古希: Ἀξιός, Axios, : Axius)は、ギリシア神話の神である。大洋神オーケアノステーテュースの息子の1人で、パイオニア地方のアクシオス川(現在のヴァルダル川)の河神である。アクシオス川はマケドニアを流れ、カルキディケ半島の西で海に注ぐ。

ホメーロス叙事詩イーリアス』によると、アケッサメノスの長女ペリボイアとの間にペラゴーンをもうけた。ペラゴーンはトロイア戦争でパイオニアの武将としてトロイアに味方して戦ったアステロパイオスの父である[1]。またポーキス地方の都市クリーサ近くのキルピス山に出没した怪物シュバリスを退治したエウリュバトスはアクシオスの末裔と伝えられている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 『イーリアス』21巻142行-144行。
  2. ^ アントーニーヌス・リーベラーリス、8話。

参考文献[編集]