ポントス (ギリシア神話)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ポントス古希: Πόντος, Pontos)とは、ギリシア神話に登場する海神である。もっとも単純にを神格化した存在である。

ヘーシオドスの『神統記』によればガイアが一人で産んだ子で[1]ウーラノスウーレアーとは兄弟に当たる。ガイアと親子婚し、その間にネーレウスタウマースポルキュースケートーエウリュビアーをもうけたとされる[2]。またポントスの父をアイテールとする説もある。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、126~132。
  2. ^ ヘーシオドス、233~239。アポロドーロス、1巻2・6。

参考文献[編集]