コイオス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コイオス古希: Κοῖος, Koios, 英語: Coeus)は、ギリシア神話に登場するである。

ウーラノスガイアの息子でティーターンの一人。オーケアノスクレイオスヒュペリーオーンイーアペトスクロノステイアーレアーテミスムネーモシュネーポイベーテーテュースと兄弟[1][2]

またポイベーを妻とし、レートーアステリアー姉妹をもうけた[3][4]。したがってコイオスはアポローンアルテミス[5][6]、またヘカテーの祖父にあたる[7][8]

ほとんど系譜上の存在であり、特に説話らしい説話は伝えられていない。

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス、133行-137行。
  2. ^ アポロドーロス、1巻1・3。
  3. ^ ヘーシオドス、404行-409行。
  4. ^ アポロドーロス、1巻2・2。
  5. ^ ヘーシオドス、918行。
  6. ^ アポロドーロス、1巻4・1。
  7. ^ ヘーシオドス、411行。
  8. ^ アポロドーロス、1巻2・4。

参考文献[編集]