アンゲロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

アンゲロス古希: Ἄνγελος, Angelos)は、ギリシア神話の使者の女神である。

その名は古代ギリシア語で「使者」を意味し、使者の女神としてのイーリスヘカテーの別名である[1]デーロス島の近くにあるヘカテー島のヘカテースネソスで崇拝されていた[1]

テオクリトスの『牧歌』の古注に次の様な話が伝わっている。

使者の女神としてのヘカテーはゼウスヘーラーの娘であり、彼女は母親ヘーラーの化粧用香油(または口紅[2])を盗み、ヘーラーの恋敵であるエウローペーに贈った[1]。ヘーラーが罰を与えようとしたので、彼女は地上へ逃れ、まず産婦のベッドに隠れ、後に葬儀の行列に入り、冥界のアケルース湖(アケローン河[2])に逃げ、その地で彼女の穢れカベイロスたちによって潔められた[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d カール・ケレーニイ『ギリシアの神話 神々の時代』中公文庫、p.65。
  2. ^ a b フェリックス・ギラン『ギリシア神話』青土社、p.254。

参考文献[編集]