エラトー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムーサのエラトー

エラトー古希: Ἐρατώ, Eratō)は、ギリシア神話に登場する女神である。長母音を省略してエラトとも表記される。文芸の女神ムーサたち(ムーサイ)の1柱で、すべてのムーサたちと同じく大神ゼウスムネーモシュネーの娘。抒情詩、歌唱、舞踏により愛情を芸術的表現する女神である。

9柱のムーサたちのうち、「独唱歌」(独吟叙事詩)を司る。表される際の持ち物は、竪琴だが、この様にムーサたちが細分化されたのはローマ時代のかなり後期になってからである。

他のムーサたちと同様、単独の神話はほとんど無い。

音楽家タミュリスはエラトーの子といわれることがある。

ニュンペーのエラトー[編集]

木のニュンペー(ニンフ)であるエラトーは、さらに古い時代には、アルカディアのリコトラの神殿に使えていたパーンの預言巫女として、神託を参拝者に伝える役目を果たしていたといわれている。アルカスとの間にアザーンを産んだという。