アルカス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アルカス古希: Ἀρκάς, Arkas) は、ギリシア神話の人物である。アルカディアリュカーオーンの娘カリストーゼウスの子。

アルカスはアミュクラースの娘レアネイラ、クロコーンの娘メガネイラ、あるいはニュンペーのクリューソペレイアを妻とし、エラトスアペイダースをもうけた[1]。あるいはニュムペーのエラトーとの間にアザーン、アペイダース、エラトスをもうけたともいう。また庶子アウトラオスのほかに[2]ペラスゴス[3]、ヒュペリッペー[4]、ディオメネイア[5]、エリュマントス[6]、トリピューロスという子供がいたといわれる[7]

神話[編集]

アポロドーロスによれば母カリストーはゼウスの子を身ごもったため、ゼウスはヘーラーに知られないようにカリストーを牝熊に変えた。しかしヘーラーはアルテミスを説得し、カリストーを射殺させた。あるいはカリストーは処女の誓いを守らなかったためアルテミスに射殺された。そのためゼウス(あるいはヘルメース[8])はアルカスを取り上げて、アルカディアでマイアに育てさせた[9]

アルカスはニュクティーモスの死後アルカディアの王となり、トリプトレモスから穀物をもらって、人々にパンの作り方を教え、アドリスタースからは紡績を学び、人々に織物を教えた。またペラスギアと呼ばれていた王国を自分にちなんでアルカディアと呼んだ[10]。後にアルカスは子供たちが成長したときにくじを作って子供たちに引かせ、王国を3分して継承する土地を決めさせた[11][12][13]

オウィディウスによれば、母カリストーはゼウスの子アルカスを身ごもったが、アルカスを出産するとヘーラーによって牝熊に変えられた。その後アルカスは15歳のときエリュマントス山で狩りをしている最中に牝熊と出会った。アルカスはそれが母カリストーだとは思いもせずに殺そうとし、ゼウスは突風で2人を天に運び、2つの星に変えた。するとヘーラーは怒ってオーケアノステーテュースに頼み、2人が海に沈んで水を浴びることがないように頼んだため、アルカスとカリストーは常に天で巡り続けているという[14]

系図[編集]

ペラスゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュカーオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリストー
 
ゼウス
 
ニュクティーモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
 
 
アザーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アペイダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイピュトス
 
ステュムパーロス
 
ペレウス
 
イスキュス
 
コローニス
 
 
 
 
 
 
ステネボイア
 
プロイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメーデース
 
ゴルテュス
 
ネアイラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケルキュオーン
 
ヘーラクレース
 
アウゲー
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
リュクルゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミニュアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイピュトス
 
 
 
テーレポス
 
 
 
アエロポス
 
アンカイオス
 
エポコス
 
 
 
アムピダマース
 
イアーソス
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュプセロス
 
 
 
エウリュピュロス
 
 
 
エケモス
 
アガペーノール
 
エウリュステウス
 
アンティマケー
 
ヒッポメネース
 
アタランテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
メロペー
 
ポリュポンテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パルテノパイオス
 
 
 
 


脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、3巻9・1。
  2. ^ パウサニアス、8巻4・2。
  3. ^ パウサニアス、2巻14・4。
  4. ^ パウサニアス、5巻1・4。
  5. ^ パウサニアス、8巻9・9。
  6. ^ パウサニアス、8巻24・1。
  7. ^ パウサニアス、10巻9・5。
  8. ^ パウサニアス、8巻3・6。
  9. ^ アポロドーロス、3巻8・2。
  10. ^ パウサニアス、8巻4・1。
  11. ^ パウサニアス、8巻4・3。
  12. ^ パウサニアス、8巻53・6。
  13. ^ パウサニアス、8巻53・9。
  14. ^ オウィディウス『変身物語』2巻。

参考文献[編集]

関連項目[編集]