こぐま座

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こぐま座
Ursa Minor
Ursa Minor
属格 Ursae Minoris
略符 UMi
発音 [ˌɜrsə ˈmaɪnər]、属格:/ˌɜrsiː mɨˈnɒrɨs/
象徴 The Little Bear
概略位置:赤経 15
概略位置:赤緯 +75
正中 6月25日21時
広さ 256平方度 (56位
主要恒星数 7
バイエル符号/
フラムスティード番号
を持つ恒星数
23
系外惑星が確認されている恒星数 1
3.0等より明るい恒星数 2
10パーセク以内にある恒星数 0
最輝星 ポラリス(α UMi)(2.02
最も近い星 UU UMi;(42.60光年)
メシエ天体 0
流星群 こぐま座流星群
隣接する星座 りゅう座
きりん座
ケフェウス座

こぐま座(小熊座、Ursa Minor)は、北天の星座で、トレミーの48星座の1つ。北半球では1年中見ることができる。小北斗七星と呼ばれる事がある[1]。α星のポラリスは、現在の北極星である。

主な天体[編集]

恒星[編集]

α星[2]、β星[3]の2つの2等星がある。

β星とγ星は「矢来(やらい・楯がわりの柵)星」とも呼ばれた。北斗七星を矢に見立て、それから星達を守っているという意味である。

由来と歴史[編集]

この星の並びを「小さな熊」と呼んだのは、紀元前6世紀古代ギリシア天文学者タレスであると言われる[6]。少なくとも、タレスより2世紀ほど前の時代の人物であるホメロスおおぐま座にだけ言及し、こぐま座については触れていない[6]。タレスがこぐま座を考案したのか、フェニキア人の血を引く彼がフェニキアの星座をギリシアに紹介したのかは定かではない[6]

神話[編集]

紀元前3世紀頃のギリシャの詩人アラトスは、著書『ファイノメナ(Phaenomena、現象)』で、ディクテー山ゼウスを育てたニュンペーのキュノスラ (Cynosure) の姿であるとする話を伝えている[7]。キュノスラはヘリケーと共に、ゼウスの父クロノスから匿ってゼウスを養育したことを称えられ、ヘリケーはおおぐま座に、キュノスラはこぐま座になったとされる[7]。『ビブリオテーケー』の著者偽アポロドーロスは、ゼウスを育てた2人のニュンペーをアドラステイアーとイダとしており、それぞれおおぐま座をアドラステイアー、こぐま座をイダに見立てている[6]

熊に変えられたカリストーの息子アルカスが同じく熊になった姿ともされる[8]

出典[編集]

  1. ^ 「道しるべ」~導く星☆北極星~鹿角平天文台通信
  2. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* alf UMi. 2013年2月8日閲覧。
  3. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for NAME KOCHAB. 2013年2月7日閲覧。
  4. ^ a b c d IAU Catalog of Star Names (IAU-CSN)”. 国際天文学連合 (2017年6月30日). 2017年10月2日閲覧。
  5. ^ SIMBAD Astronomical Database”. Results for V* gam UMi. 2013年3月30日閲覧。
  6. ^ a b c d Ian Ridpath. “Star Tales - Ursae Minoris”. 2017年10月2日閲覧。
  7. ^ a b 『グロティウスの星座図帳 : ゲルマニクス“アラトスのファイノメナ"の邦訳』 千葉市立郷土博物館〈天文資料解説集〉、1999年3月、24頁。NCID BA84126606
  8. ^ 原恵 『星座の神話: 星座史と星名の意味恒星社厚生閣2007年2月28日、新装改訂版第4刷、132頁。ISBN 978-4-7699-0825-8

座標: 星図 15h 00m 00s, +75° 00′ 00″