ロデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ロデー古希: Ῥόδη, Rhode)は、ギリシア神話におけるロードス島女神である。長母音を省略してロデとも表記される。

ポセイドーンアムピトリーテーの間に生まれた娘で、アポロドーロスによればトリートーンベンテシキューメーという兄弟がいた[1]。一説にはポセイドーンとハリエー英語版の間に生まれたロードス島のニンフでもあり、ロードス島で崇拝された太陽神ヘーリオスの妻となり、7人の息子ヘーリアダイ英語版たちと1人の娘エレクトリュオーネー英語版があった[2]。また、アプロディーテーの娘という説もあり、ヘーリオスとの間に3人の子供イアリソス英語版カメイロスリンドスがあった[3]

脚注[編集]

  1. ^ アポロドーロス、1巻4。
  2. ^ シケリアのディオドロス『歴史叢書』5巻55・1。
  3. ^ ピンダロス『オリュムピア祝捷歌』第7歌。

参考文献[編集]