クリュメネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

クリュメネー古希: Κλυμένη, Klymenē)は、ギリシア神話女神、あるいは女性である。長母音を省略してクリュメネとも表記される。主に、

などのほか数人が知られている。以下に説明する。

オーケアノスの娘[編集]

このクリュメネーは、オーケアノスとテーテュースの娘で[1]ティーターンイーアペトスとの間にアトラースメノイティオスプロメーテウスエピメーテウスを生んだ[2]。一説にイーアペトスの妻はアシアー[3]。クリュメネーをプロメーテウスの妻とする説もある[4]

パエトーンの母[編集]

このクリュメネーは、エチオピアの王メロプスの妻で、太陽神ヘーリオスアポローン)との間にパエトーンとヘーリアデスと呼ばれる娘たちを生んだ。

パエトーンは自分の父が神であると自慢したが、それを友人のエパポスに馬鹿にされたため、母クリュメネーに父が神である証拠を求めた。そこでクリュメネーはヘーリオスの館を訪ねることを勧め、パエトーンはヘーリオスのもとに行って1日だけ太陽の戦車を駆ることを要求した。しかしパエトーンは戦車を引く天馬たちを御することができず、進路をはずれて地上に大火災を起してしまい、ゼウスの雷に撃たれてエーリダノス河(現在のポー川)に墜落した。クリュメネーは嘆きながらパエトーンを探して世界中を放浪し、エーリダノス河畔に墓を見つけ、娘たちとともに嘆き悲しんだ。そして娘たちは墓のそばで木々に変わったという[5]

なお、このクリュメネーもオーケアノスの娘といわれる[6][7]

ミニュアースの娘[編集]

このクリュメネーは、オルコメノスの王ミニュアースとヒュペルパスの娘エウリュアナッサの娘で[8]イーアソスとの間にアタランテーを生んだとも[9]ピュラコスとの間にイーピクロスを生んだとも[8][10]、クリュメノスの妻で、イアーソーンの母アルキメデーの母であるともいう[10]。さらにそれより以前にヘーリオスとの間にパエトーンを生んだとも言われる[8]

系図[編集]

ペラスゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リュカーオーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カリストー
 
ゼウス
 
ニュクティーモス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルカス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エラトス
 
 
 
アザーン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アペイダース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイピュトス
 
ステュムパーロス
 
ペレウス
 
イスキュス
 
コローニス
 
 
 
 
 
 
ステネボイア
 
プロイトス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメーデース
 
ゴルテュス
 
ネアイラ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アレオス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ケルキュオーン
 
ヘーラクレース
 
アウゲー
 
ケーペウス
 
 
 
 
 
 
リュクルゴス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ミニュアース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アイピュトス
 
 
 
テーレポス
 
 
 
アエロポス
 
アンカイオス
 
エポコス
 
 
 
アムピダマース
 
イアーソス
 
クリュメネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キュプセロス
 
 
 
エウリュピュロス
 
 
 
エケモス
 
アガペーノール
 
エウリュステウス
 
アンティマケー
 
メラニオーン
 
アタランテー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
クレスポンテース
 
メロペー
 
ポリュポンテース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
パルテノパイオス
 
 
 
 


カトレウスの娘[編集]

このクリュメネーは、クレータ島の王カトレウスの娘で、アーエロペーアペーモシュネーアルタイメネースと兄弟[11]。カトレウスによってナウプリオスに売り渡されてその妻となり、パラメーデースオイアクス、ナウシメドーンを生んだ[12][13]

系図[編集]

 
 
 
 
ミーノース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カトレウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アーエロペー
 
アトレウス
 
ナウプリオス
 
クリュメネー
 
アルタイメネース
 
アペーモシュネー
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アガメムノーン
 
メネラーオス
 
パラメーデース
 
オイアクス
 
ナウシメドーン
 
 
 
 
 
 


ヘレネーの侍女[編集]

このクリュメネーは、ヘレネーの侍女で[14]パリスがヘレネーを誘拐したときにもう1人の侍女アイトラーとともにトロイアに連れて行かれた。トロイア戦争後クリュメネーは捕虜となり、アイトラーとともにテーセウスの子デーモポーンアカマースに与えられ、アテーナイに行ったという[15]

その他のクリュメネー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ヘーシオドス『神統記』351行。
  2. ^ ヘーシオドス『神統記』507行-511行。
  3. ^ アポロードロス、1巻2・3。
  4. ^ オデュッセイア』10巻2行への古註(中務哲郎訳『ヘシオドス全作品』p.246)。
  5. ^ オウィディウス『変身物語』1巻-2巻。
  6. ^ エウリーピデース『パエトーン』(断片781)。
  7. ^ オウィディウス『変身物語』2巻。
  8. ^ a b c ヘーシオドス断片61(『オデュッセイア』11巻326行への古註)。
  9. ^ アポロドーロス、3巻9・2。
  10. ^ a b ヒュギーヌス、14話。
  11. ^ アポロドーロス、3巻2・1。
  12. ^ アポロドーロス、2巻1・5。
  13. ^ アポロドーロス、3巻2・2。
  14. ^ イーリアス』3巻144行。
  15. ^ クレータのディクテュス、1巻3、5巻13、6巻2。
  16. ^ 『イーリアス』18巻47行。
  17. ^ ヒュギーヌス、序文。
  18. ^ ヒュギーヌス、71話。

参考文献[編集]

関連項目[編集]