エニューオー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エニューオー古希: Ἐνυώ, Enȳō, 「恐怖」の意)は、 ギリシア神話における女神またはダイモーンで、長母音を省略してエニュオとも表記される。

主に2人が知られており、以下に説明する。

殺戮の女神エニューオー[編集]

殺戮および戦闘の女神で、エニューアリオス(戦いの神アレースの別名)の女性形である[1]。 ギリシア神話の争いの女神エリスと同一視されている。 またローマ神話ベローナと同一視されている[2]

エニューオーは「都市の破壊者」の別名によって知られる古代のケールあるいはダイモーンで、ヘーシオドスヘーラクレースの盾英語版』に描かれたように、しばしば血にまみれ武器を携えた姿で描かれた。 アテーナーと名を並べて語られるほど強く恐ろしい戦女神である[3]。戦争の神アレースの供として戦場に立ち、残忍な「キュドイモス(乱戦)」を従えている[4]、 アーレスの母とも娘とも姉妹とも様々に言われてきた[2]

パウサニアスギリシア案内記』1巻8章4節では、アテナイケラメイコスにはアレースの神殿があり、祭神アレース像、アプロディーテー像、アテーナー像と並び、プラクシテレスの息子たちが制作したエニューオー像があったとされる。

グライアイのエニューオー[編集]

ポルキュースケートーの娘であるグライアイ姉妹の1人で、ゴルゴーンの姉妹でもある。

ヘーシオドスの『神統記』ではグライアイはペンプレードーとエニューオーの姉妹であり、頬美しい老女で灰色の髪をしており、エニューオーはサフラン色の衣を纏っている[5]

ヒュギーヌス『神話集』序文ではペンプレードー、エニューオー、ペルシス(またはデイノーン)の姉妹、アポロドーロスビブリオテーケー』ではペンプレードー、デイノー、エニューオーの3人の姉妹をグライアイと呼び、生まれながらに老婆で、3人は一つの目と一つの歯を持ち、互いに共有していたが、ゴルゴーン退治のため英雄ペルセウスは「翼のあるサンダル・キビシス(ゴルゴーンの首を入れるための袋)ハーデースの兜を持つニュンペーの居場所」を尋ねるため、彼女たちの目と歯を奪い、道を示すまで返さなかった[6]

詳しくはグライアイの項を参照。

脚注[編集]

  1. ^ 呉茂一『ギリシア神話(上)』新潮文庫、247頁。
  2. ^ a b 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』、p.69a。
  3. ^ ホメーロス『イーリアス』5巻333。
  4. ^ ホメーロス『イーリアス』5巻590-595。
  5. ^ ヘーシオドス、270行-273行。
  6. ^ アポロドーロス『ビブリオテーケー』2巻4・2。

参考文献[編集]

関連項目[編集]