半保護されたページ

タルタロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

タルタロス
Τάρταρος
奈落
Nekyia Staatliche Antikensammlungen 1494 n2.jpg
タルタロスで罰せられるシーシュポス。後ろで見張っているのは冥界の女王ペルセポネー
住処 冥界
配偶神 ガイア
カオス
兄弟 ガイア、エロースエレボスニュクス
子供 テューポーンエキドナ
テンプレートを表示

タルタロス古希: Τάρταρος[1])は、ギリシア神話における奈落であり、奈落そのものとされる。冥界の最奥にあることから牢獄として扱われた。

概要

ギリシャ神話における奈落の神にして、奈落そのものとされた神。原初の神カオスの次に生まれた原初の神々の一柱[2]。兄弟姉妹関係にある大地の女神ガイアを配偶神とし、彼女との間に怪物テューポーンエキドナをもうけた[3]

冥界のさらに下方に有る。天と地の間の距離と同じだけ、大地からさらに低いところにある(その距離というのは、具体的には、上端から下端へ真鍮の金敷きを九昼夜落とし続けて十日目に下端につく距離)。

たちこめ、神々ですら忌み嫌う澱んだ空間。ポセイドーン青銅の門を作り、その周りは青銅の壁で覆われているため、何者も逃げおおすことはできない。仮に人間がこの門の中に入ったとしたら、一年がかりでも底にたどり着けない。かえって、神々が怖れるほどの苛烈な暴風で吹き飛ばされてしまう。

はじめ、ウーラノスクロノスヘカトンケイル族やキュクロープス族を幽閉するのに使い、怪物カムペーに番人をさせていた。後にゼウス達が彼らを解放しティーターン族を打ち倒すと、ティーターン族が幽閉される番となり、ヘカトンケイル族がその牢番となった。他にもテューポーンがここに投じられたとも言われている。

後世、たとえばプラトーンなどでは地獄として扱われるようになった。

新約聖書の原文中、ただ一度ペテロ第二2章4節にその名前がみえる。

タルタロスに幽閉された者たち

  • ヘカトンケイル族(後に解放)
  • キュクロープス族(後に解放)
  • ティーターン
    • Arke英語版 - ティターン族の伝令兵で決戦後にティターン族と共にタルタロスに落とされた。彼女の翼はアキレウスの親が結婚した時に送られ、名前の由来ともなった。
  • テューポーン(一説)
  • ティテュオス - 女神レートーに対する狼藉で、はりつけにされて生きたまま内臓をハゲタカに食べさせる罰を受ける。これはティターン族 プロメテウスへの罰と同様である。
  • タンタロス - 神々の食料を横領したりなどで怒りを買った。沼の上にある果樹の枝に吊され、永遠に水と果実が取れないようにされた。
  • シーシュポス - タナトスやハデスを騙した罪で、大岩を山の上まで持ち上げて途中で落とされる罰を受ける。
  • イクシーオーン - ヘーラーを誘惑してゼウスの怒りを買った。永遠に火焔車の刑を受ける。
  • オクノス英語版 - 理由は不明だが、永遠にロープを作る作業が言い渡された。
  • ダナイデス - 夫を殺した罪で、水漏れがする壺で水汲みをする。

脚注

  1. ^ 古代ギリシア語ラテン翻字: Tartaros
  2. ^ ヘーシオドス, 神統記 116–119; Gantz p. 3; Hard, p. 23.
  3. ^ ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌス, Fabulae Preface; Smith, s.v. Tartarus.

関連項目