シモン・ヴーエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
シモン・ヴーエ
Vouet-autoportrait-lyon.jpg
自画像
リヨン美術館
生誕 (1590-01-09) 1590年1月9日
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国パリ
死没1649年6月30日(59歳)
Royal Standard of the King of France.svg フランス王国、パリ
著名な実績絵画
代表作若さと美に打ち負かされる時間の翁
運動・動向バロック絵画
後援者 ルイ13世リシュリュー
影響を受けた
芸術家
アンニーバレ・カラッチミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオマニエリスムパオロ・ヴェロネーゼグエルチーノグイド・レーニ
影響を与えた
芸術家
シャルル・ルブラン

シモン・ヴーエ(Simon Vouet、フランス語: [vwɛ]1590年1月9日 - 1649年6月30日)は、フランスの画家。今日ではイタリアのバロック絵画をフランスに伝えた人物として知られている。

略歴[編集]

パリに生まれた[1]。父親は画家で弟のオーバン(Aubin Vouet, 1595年 – 1641年)も画家になった。

父親から美術を学び、肖像画家から画家のキャリアを始め、14歳の時イギリスで仕事をし、1611年にはオスマン帝国へ赴任するフランス大使アシル・ド・アルレ・ド・サンシーフランス語版に同行した。イスタンブールからの帰途、1612年にヴェネツィア、1614年までにはローマを訪れ、1627年までローマなどイタリアに滞在した。

フランス国王からは邸を与えられ、イタリアの有力者たちがパトロンとなり、イタリア各地を訪れた。イタリアの画家たちの優れた点を吸収し評価を高め、1624年にはアカデミア・ディ・サン・ルカの会長に選ばれた。1626年に結婚した。

ローマでの成功にもかかわらず、1627年にフランス王の召還とベテュヌ公(Duc de Béthunes)の助言でフランスに帰国した。さまざまな宮殿、邸宅、教会の装飾画を描き、イタリア美術の新しいスタイルをフランスにもたらした。

弟子にシャルル・ルブランヴァランタン・ド・ブーローニュシャルル=アルフォンス・デュ・フレノワピエール・ミニャールウスタシュ・ル・シュウール、ニコラ・シャペロン、クロード・メランらがいる。

作品[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]