ラピテース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ラピテース古希: Λαπίθης, Lapithēs)、あるいはラピトス古希: Λάπιθος, Lapithos)は、ギリシア神話の人物である。長母音を省略してラピテスとも表記される。主にラピテース族名祖のほか、数人が知られている。

ラピテース族の名祖[編集]

このラピテースは、テッサリアーの河神ペーネイオスの娘スティルベーアポローンの子で、ケンタウロスと兄弟[1]。一説にはアイネウスという兄弟もいた[2]。エウリュノモスの娘オルシノメーとの間にポルバースペリパース[3]、また一説に母スティルベーとの間にトリオパースをもうけた[4]

ラピテース族はラピテースに由来し、ラピテースはペーネイオス河流域を支配し、2人の子ポルバース、ペリパースもラピテースの後を継いだ。しかしポルバースは後にエーリス地方に去り[3]、一説によるとポロバースにアウゲイアースアクトールが生まれた。一方、ペリパースにはアンティオーンという子供があり、アンティオーンからイクシーオーンが生まれたという[5]

ポルバースがラピテースの子であることはパウサニアスも述べている[6]。またアンティオーンがイクシーオーンの父であることはアイスキュロスが現存しない悲劇『イクシーオーン』の中で述べたといわれている[7][8]

系譜[編集]

 
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
クレウーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダプネー
 
スティルベー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューレーネー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ケンタウロス
 
アイネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスタイオス
 
 
 
アステュアギュイア
 
ペリパース
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
スコイネウス
 
 
 
アクタイオーン
 
 
 
 
 
アンティオーン
 
 
 
ペリメーレー
 
 
 
アウゲイアース
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドレウス
 
エウイッペー
 
 
アタランテー
 
 
 
 
アタマース
 
 
 
ネペレー
 
イクシーオーン
 
ディアー
 
ゼウス
 
 
モリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
 
ケーピソス
 
 
 
 
プリクソス
 
ヘレー
 
ケンタウロス族
 
 
 
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュポイテース
 


その他のラピテース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ シケリアのディオドロス、4巻96・1。
  2. ^ 高津『辞典』、p.108b、137a。
  3. ^ a b シケリアのディオドロス、4巻96・2。
  4. ^ シケリアのディオドロス、5巻61・3。
  5. ^ シケリアのディオドロス、4巻96・3。
  6. ^ パウサニアス、5巻1・11。
  7. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第2歌40への古註b(『ギリシア悲劇全集10 アイスキュロス断片』p.118)。
  8. ^ ロドスのアポローニオス、3巻62への古註(『ギリシア悲劇全集10 アイスキュロス断片』p.118)。
  9. ^ シケリアのディオドロス、5巻81・6。
  10. ^ アポロドーロス、3巻10・3。
  11. ^ パウサニアス、3巻20・7。

参考文献[編集]