キューレーネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
北アフリカの古代都市キュレネ

キューレーネー古希: Κυρήνη, Kȳrēnē)は、ギリシア神話に登場する人物あるいは女神である。長母音を省略してキュレネとも表記される。女狩人であり、アポローンの恋人となり、アリスタイオスを生んだ。ペラスゴスの妻のキュレーネー(Kyllene)とは別人。

神話[編集]

キューレーネーの父は、ラピテース族の王ヒュプセウスで、河神ペーネイオスナーイアスクレウーサの息子[1]。母は、ナーイアスのひとりクリダノペーである[2]。キューレーネーは家事労働より狩りを好み[3]アルテミスから2頭の猟犬を贈られたという。カリマコスの説では、メーデイアペリアースを謀殺したときの葬礼競技で徒歩競走に勝ったのはキューレーネーであったとする。

あるとき、ペーリオン山中で狩りをしていたキューレーネーはライオンと遭遇し、格闘の末これを殺した。たまたまこれを見たアポローンは大いに驚いて、ケイローンを呼んで相談した。ケイローンはアポローンの恋心を見抜き、望みどおりキューレーネーを妻とするよう助言し、キューレーネーは神の子を身ごもるであろうと予言した。アポローンはキューレーネーをさらって黄金の車に乗せ、北アフリカゼウスの庭園に連れて行った[4]

二人はリビアアプロディーテーに迎えられ、この地でキューレーネーはアリスタイオスを生んだ。後年この場所にキューレーネー市が建ったのは、このことにちなんでいる。アリスタイオスの飼っていたミツバチが死んだとき、キューレーネーは原因をプローテウスから聞き出すようアリスタイオスに助言した[5]

キューレーネーは、そのあともう一人アポローンの子イドモーンを生んだ。イドモーンは予言者で、アルゴナウタイの一人となった。イドモーンの子テストール[6]トロイア戦争においてギリシア側の予言者として知られるカルカースの父である[7][8]

また、キューレーネーはアレースと交わって(トラーキアの)ディオメーデースを生んだともいう。ディオメーデースは人食い馬を飼っていて、ヘーラクレース8番目の功業のときに殺された[9]

グレーヴスの解釈[編集]

ロバート・グレーヴスによれば、次のような解釈がなされている。

  • 紀元前691年にバットスがテーラ島(現サントリーニ島)の民を引き連れてリビアの地に移住し、キューレーネー市(後のキュレナイカ)を創建した。「バットス(どもり)」とはアリスタイオスあだ名にほかならない。テーラ島でアポローンが信仰されていたことから、キューレーネー人はアリスタイオスをアポローンの息子と主張したのである。キューレーネー市の港は同様の理由でアポローニアと呼ばれた。このようにアリスタイオス誕生の物語は、バットスの後裔に媚びるための、ピンダロスによる潤色が加えられている。
  • しかし、キューレーネーはバットス以前から神話上の存在であり、ケンタウロス族との関わりは、マグネーシアの馬の信仰の女神がテーラ島にも伝えられたことを示す。古代テーラ島の碑文には、ケイローンの名前が散見される。アレースとディオメーデースの神話は、この古い女神のことと考えられる[10]

系図[編集]

 
 
 
 
ガイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ペーネイオス
 
クレウーサ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヒュプセウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダプネー
 
スティルベー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
キューレーネー
 
アポローン
 
 
 
 
 
 
 
 
ラピテース
 
ケンタウロス
 
アイネウス
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
テミストー
 
 
 
 
 
 
 
 
アリスタイオス
 
 
 
アステュアギュイア
 
ペリパース
 
アミュターオーン
 
 
 
 
 
ポルバース
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
レウコーン
 
スコイネウス
 
 
 
アクタイオーン
 
 
 
 
 
アンティオーン
 
 
 
ペリメーレー
 
 
 
アウゲイアース
 
アクトール
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アンドレウス
 
エウイッペー
 
 
アタランテー
 
 
 
 
アタマース
 
 
 
ネペレー
 
イクシーオーン
 
ディアー
 
ゼウス
 
 
モリオネ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エテオクレース
 
 
ケーピソス
 
 
 
 
プリクソス
 
ヘレー
 
ケンタウロス族
 
 
 
 
ペイリトオス
 
ヒッポダメイア
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ポリュポイテース
 


脚注[編集]

  1. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌13行-18行。
  2. ^ ロバート・グレーヴス、82章a。
  3. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌18行-19行。
  4. ^ ピンダロス『ピュティア祝勝歌』第9歌26行-53行。
  5. ^ ウェルギリウス『農耕詩』4巻530行―547行。
  6. ^ 高津春繁『ギリシア・ローマ神話辞典』p.53a、160a。
  7. ^ イーリアス』1巻。
  8. ^ ヒュギーヌス、128話。
  9. ^ アポロドーロス、2巻58。
  10. ^ ロバート・グレーヴス、82章1。

参考図書[編集]